石 川 文 洋 プ ロ フ ィ ー ル


 


1938年 沖縄県那覇市首里に生まれる
        ※4歳で本土へ移り、その後は主に千葉県に居住
1964年 毎日映画社を経て、香港のファーカス・スタジオに勤務
1965年1月〜1968年12月
       フリーカメラマンとして南ベトナムの首都サイゴン(当時)に滞在
1969年〜1984年 朝日新聞社カメラマン
1984年〜現在 フリーカメラマン




『写真記録ベトナム戦争』〔葛燉j日〕
『戦場カメラマン』『報道カメラマン』〔朝日新聞社/朝日文庫〕
『戦争はなぜ起こるのか』〔冬青社〕
『日本縦断 徒歩の旅 -65歳の挑戦-』〔岩波書店/岩波新書〕
『てくてくカメラ紀行』〔竢o版社/笊カ庫〕
『カラー版 ベトナム 戦争と平和』〔岩波書店/岩波新書〕 
『カラー版 四国八十八カ所 -わたしの遍路旅』〔岩波書店/岩波新書〕 
『サイゴンのコニャックソーダ』〔七つ森書館〕
『私が見た戦争』〔新日本出版社〕
『まだまだカメラマン人生』〔新日本出版社〕
『命どぅ宝・戦争と人生を語る』〔新日本出版社〕  ほか






『戦争と兵士と民衆』(1970年)
『北ベトナム』(1973年)
『南イエメン』(1978年)
『カンボジア 民衆とアンコール遺跡』(1981年)
『琉球舞踊』(1983年)
『北朝鮮』(1984年)
『大航海時代』(1987年)
『普賢岳・深江町の1年』(1994年)
『ヴェネチアの幻想』(1994年)
『ベトナム報道35年・戦争と平和』(1998年)
『沖縄の基地とアメリカの戦争』(2000年)
『沖縄・復帰30年』(2002年)
『日本縦断 徒歩の旅 -65歳の挑戦-』(2004年) 
『世界の笑顔』(2007年)
『四国八十八カ所』(2009年)
『戦争と子どもたち』(2012年)
『石川文洋が見たフクシマ』(2013年) 
『戦争と平和 ベトナムの50年』(2014年) ほか




◇テレビドキュメンタリー『ベトナム海兵大隊戦記』(1965年5月9日、
 日本テレビで放送。制作 : 牛山純一)を撮影。
◇1998年9月、ベトナムのホーチミン市戦争証跡博物館内に「石川文洋
 ベトナム報道35年 戦争と平和」常設室が開設され、現在に至る。
◇2003年7月15日〜12月10日、日本列島徒歩縦断。
◇2006年〜2007年、四国八十八カ所、一国打ちで結願。
◇2009年9月、沖縄市「戦後文化資料展示室ヒストリートU」開設。
 石川文洋の写真が随時展示される。
◇2014年6月、大宮浩一監督によるドキュメンタリー映画『石川文洋を
 旅する』公開。


日本写真協会年度賞(1973年)
日本雑誌写真記者協会賞(1982年・1983年)
日本ジャーナリスト会議〔=JCJ〕特別賞(1990年)
市川市民文化賞-スウェーデン賞(1997年)
ベトナム政府より文化通信事業功労賞(2005年)


トップページへ