おまけその1


仙台には「杜の都」という称号があり、作家の北杜夫氏のペンネームの由来もこの街で学んだことによると聞いたことがあります。政令指定都市の中では比較的緑が残っているそうで、中でも中心部のケヤキ並木が有名です。

左は青葉通、仙台駅から青葉城跡に向かって延びる道路で、片側3車線のけっこう広い道です。でもこのように緑がこんもり。ただ最近は駅前の並木が開発で取り払われてしまって……、残念。

こちらは、定禅寺通。
青葉通からだいたい1キロ弱ほど東になるでしょうか、これまた片側3車線の広い通です。道路の真ん中に遊歩道がありますので、ケヤキ並木の中を歩くことができます。

この2つの道は「仙台光のページェント」というイベントで有名ですが、暮れに帰省した時にその写真を撮ってこれたらと思っています。うまくできたら公開するつもりです。





さて、知る人ぞ知るのがコンビニの御当地オニギリ。
全国共通のネタのほかに、その地方独特のネタが存在します。あちこち動き回る時に、それを食べるのが楽しみの一つだったりします(笑)

こちらは筋子。東日本ではポピュラーですが、関西以西では「筋子ってなに?」といわれるくらい筋子自体が珍しいのです。名古屋あたりだと魚屋で売ってますけど、さすがにコンビニオニギリにはなっていません。



こちらは牛タン。
さすが牛タン発祥地(笑)



これのどのへんが御当地なのかいま一つ確証がないのですが、少なくとも東海以西でこのネタは見たことがありません。