今回も予告編
でもほんとに行けるのかな?

4度目の中国。今回はいよいよ雲南へ。民族と風景を楽しむ旅になりそうです。
でもいいのか、転職活動中だというのに(汗)

0日目 ◎羽田→関空◎
1日目 ◎関空→昆明◎

龍門と昆明市内散策

◎昆明→大理◎(航空機)
2日目 大理観光
    大理古城、三塔公園、喜州
    沙平、周城(白族の村)
3日目 ◎大理→麗江◎(バス)
麗江観光
    玉泉公園、東巴博物館、四方街、玉峰寺
    白沙村(西蔵族、納西族、白族、漢族壁画)
4日目 麗江近郊へ
     甘海子、雲杉坪(玉龍雪山)
5日目 ◎麗江→中甸◎(バス)
     途中、長江第一湾や虎跳峡観光
6日目 中甸観光
     西蔵族家庭訪問
     那珀海、松賛林寺
7日目 ◎中甸→昆明◎(航空機)

     石林観光
8日目      午前中はフリータイム

◎昆明→関空→羽田◎

初日の飛行機が9時台なので、前泊で関空へ移動します。前回もそうだったけど、空港直結のホテルに泊まると朝が楽。今回は海側の部屋を予約したので、対岸の夜景も楽しみです。

現地では大理、麗江、中甸では2泊ずつ、昆明で1泊。ちなみに中甸は標高3200メートルほど。チベットのラサよりちょっと低いだけ。いつか行くつもりのチベット旅行の予行演習になるかなと。もちろん、風景とか町並みとかいつもの目の楽しみも盛りだくさん。雲杉坪や長江第一湾などは特に楽しみ。世界遺産の麗江古城の町並みも楽しみ。そして民族。雲南は民族の宝庫ですからね〜、上海博物館で見た衣装を生で見られるかもしれないと思うともう楽しみで楽しみで。そういえば今ちょっとブームの東巴文字も雲南のもの。

ということで、就職活動もこの旅行の時間が取れることを前提にやっているわたくしですので、きっと敢行できると思います。旅行記掲載は9月下旬からの予定です。

ちなみに、初めて行く土地なので予告写真はありません。そのかわり、中国国家観光局大阪事務所のHPにある観光写真集から、雲南のページへどうぞ(ここをクリック )。