2度目の海外はグアム、またしても会社の金で行かせていただきました。「なんかけっこう優遇されてる?」と思ったんだけど、4月頃のグアム旅行ってけっこう安かったんですね、3泊4日で5〜6万円ですんでしまうらしいです。なんだ国内を社員旅行するのと大差ないんだ(汗)
はっきり言って、グアムは遊ぶ島。それから免税店巡りをする島。ガイドブックなんかでも観光スポットは申し訳程度の紹介ですもんね。戦後ずいぶん経ってから発見された、日本軍兵士の横井さんが暮らしていた洞穴も、「ヨコイケーブ」として観光スポットになってましたが、じつは本物ではないのだそうです。本物はほとんど埋まってしまっているらしいです。なので、観光派のわたくしとしてはちょいと物足りなくなるかなと思っていたんですが、久しぶりのオフですからね、の〜んびり楽しんでました(笑)
一番楽しんだのはやっぱりビーチ。中でも、いくつかの観光会社が企画してるプライベートビーチツアーが楽しかったのでご紹介します。


参加したのは、スターサンドビーチツアー(当時)というコース。メンバーの1人の提案でした。あとで調べたら日本でも申し込めたみたいなんですけど、現地のツアーデスクで申し込みました。
グアム島北部にある空軍基地の向こうにあるプライベートビーチに行くんですが、いくつかこの手のツアーが組まれているみたいです。それらしきビーチが途中でありましたから。左は基地の入口にあった……、なんていうんだろうこういうのって。看板じゃないし(汗)


基地を抜けると海に出ます。でも、ビーチはまだまだ先。左の写真のトラックに乗り換えます。
これがですね〜、むっちゃボロいトラックの荷台に板のベンチみたいな椅子があるだけ。しかも、炎天下で幌なしのまま駐車してあるんですよね。さあ想像してください。座りたいですか?(汗)

そして道無き道を行く……、なんてガイドブックにあるのは大げさですけど、写真にあるみたいなうっそうとした森の中の悪路を行きます。たぶんたいした距離じゃないんですが、ゆっくり走るので10分くらい乗っていたと思います。


ほら、いいでしょ(笑)
ちなみに、この写真に写っているのが同じツアーの参加者たち。つまり、これだけの人しかいなかったんですね。第二陣が1時間後くらいに来ましたけど、それも同じくらいの人数。人が多くないからゆったり泳いだり焼いたりできます。
左の写真、となりのロタ島が写ってるんですけど分かります?
水平線の上にお盆を伏せた感じで淡く写ってるんですけど、実際はもっとよく見えてました。グアムからだと飛行機で20分ほどというので、たぶん100キロくらい離れてるんだと思います。こんな風景をボ〜ッと眺めてるのもよかったです(笑)
グアムには、使い捨てカメラの水中用を持っていきました。写るんですの水中用を見つけたので。水深3メートルまでOKです。もちろん水中撮影にチャレンジしましたけど、なかなか大変、そう簡単には綺麗なショットはできませんでした。もっとも、水中撮影そのものが初めてなのでご勘弁を。でも、右みたいにちゃんと撮れてるのもありました。

ちなみに、グアム編の写真は全部これで撮ってます。普通の写真もきちんと撮れますよ(笑)



このツアーは、ランチつきです。バイキング形式で、正直言ってお世辞にもうまいとは言えないですけど。ランチタイムにはダンスショーもつきます。ちょっと出遅れて端っこの席になったのが残念。綺麗なお姉さんのダンスが遠かった(汗)

他にも、バギーとか乗馬とかが追加料金なしで楽しめます。もっとも、どちらも決められたコースを一回りですけどね。バギーは込んでなければもっと遊べると思いますけど、馬のほうはトレーナーに轡を取ってもらっての一周になります。私は初体験だったのでそれでも満足でしたけど。
もちろん、ロッカーとかトイレやシャワーは完備されてます。土産物屋もしっかりありました。

このツアー、値段がいくらだったか思い出せないです。たしか50か60ドルだったと思いますけど。だいたい6000円から7000円ってところですね。安くはない、というかむしろかなり割高ですけど、でも同じツアーの客しかいないのでゆったりですし、荷物のこととか食事のこととか安心できますから、ある意味お得なツアーかもしれませんね。いっしょだったみんなは満足でした。そういえば、1時間くらいず〜っとプカプカ浮きながら水中を眺めてた人もいたな〜。魚を見てると飽きないんだとか。

グアムでもうひとつ思い出すのは、地元製の土産がほとんどないこと。あまり製造業が発達してなくて、土産物のほとんどは島外のもの。たとえばキーホルダーにはGUAMのシールが貼ってたけど、メイドインハワイとかサイパンでした。でも、「これは確実にグアム製だ」といわれたのがクッキー。チョコチップとナッツとあったんですけど、美味しかったです。グアム製ではぜったいにないはずのマカダミアナッツチョコを買うんだったら、こっちのクッキーのほうがオススメですよ。パッケージは地味ですけど。