0日目  名古屋⇒関空



4月3日。翌日の出発には朝から出たのでは間に合わないので、名古屋から関空へ移動して前泊です。本当はゆっくり出るつもりでしたが、大阪入りに合わせて人材バンクの面接が決まったため、早朝からの移動になりました。近鉄アーバンライナーのデラックスシートを奮発して、大阪までの2時間は爆睡でした(汗)

面接場所は梅田。終わってホッと一息ついて見上げるとそこには懐かしい観覧車が。うまく仕事が決まってまた関西に来れたら、もう一度乗ってみようかな。とりあえず昼を食べて、関空へ早々に移動することにしました。理由は後ほど。





近鉄で難波に着いた時に預けておいたスーツケースをピックアップ、そのまま南海乗り場へ。今回はラピートに乗ってみようという魂胆です。鉄人28号を格好悪くした顔だと聞いていましたが、う〜む、確かに(汗)

このラピート、丸い造形にこだわりがあるのか、窓も天井も車両の扉のガラスもみんな楕円形です。いや別にそれはいいんですけどね、窓の内側も丸いってのがどうも気に入らないです。座席に付属のテーブルが小さいだけに、窓際に物が置ければなと思うんですよね。たかだか30分弱の乗車時間ですけど、あんまりいただけないな〜と。



さて、関空に早めに入ったのは展望デッキに行ってみようと思ったからです。このデッキはターミナルビルからは離れていて、空港島の端にあります(上の写真の矢印の付近)。バスで移動になりますし、閉館が4月は18時なので早めに行ってじっくり眺めるつもりでした。どうせホテルも関空なので時間はたっぷりありますから。
4/3のこの時間空港島の南から北へ向けての離着陸になっていたので、離着陸を正面から見ることが出来ました。中にはずいぶん華やかな機体もあって面白かったです(上の右、タヒチ航空の青い機体)。
展望デッキにはでっかい望遠レンズを構えたマニアと思しき人達がいました。離着陸のたびにいっせいに構える姿はちょっと面白かったです。せっかくですので、自分も頑張って撮ってみました。自分的ベストショットは上の一枚。ちょっとボケ気味ですが、飛び立っていくノースウェストのジャンボの左上に月を入れることに成功、まるで月に向かうようで気に入っています。



そんなこんなで日も暮れて、夕食をとってホテルに入りました。実は、空港の夜景を楽しめるかと期待して空港側の部屋を取ったのですが、残念ながらターミナルビルが邪魔をして見えませんでした。どうやらこのホテル日航関西空港は、海側の部屋のほうが景色はよいようです。でもすぐに寝てしまったから関係ないですけど(笑)
出発に向けて、一休み一休み。