その他いろいろ



その他いろいろ、おまけの写真です。





カイバル峠に行ったときに護衛で乗ってくれた部族警察の、ベレー帽についていた徽章です。カイバル門と交差する小銃がこのカイバル連隊の紋章なのだそうです。


上の2枚はチラスのホテルの鍵です。ドラクエの鍵みたいだあ(笑)
こういうホテルもあると話に聞いたことはありましたが、初めてでした。中にいるときはドアの内側から、外に出るときはドアの外側から閂をさして鍵をかけます。面白かった(笑)
でもこの鍵じゃ簡単に開けられそうです。貴重品は身につけて出ました。




パキスタンのお土産といえばカシミヤやパシュミナがいいそうですが、良い品はお値段も良いのでなかなか厳しい。ということで、個人的にオススメなのがこの全粒粉のクッキー。なかなか美味しいです。実はイギリスかどこかの資本だそうです。でも、グアムやハワイのお土産のマカダミアナッツだってベルギー製だったりしますからねえ、それに比べたらこのクッキーは Made in Pakistan だからよほどマシだと思います。





パキスタン航空の機内食です。
「Chinese? or Pakistan?」と聞かれてもちろんパキスタンと答えたら出てきました。カレー風味なところがパキスタ〜ンな感じでしょうか。でも、二度目の機内食のときにはChineseと答えたのに同じのが出てきました(笑)





毎度おなじみ気圧チェック(笑)
クンジェラブ峠を越えるときに飲み干したペットボトルのふたをしっかり閉めて、持ち帰りました。ぺちゃんこです。カラクリ湖や中甸の時よりもしっかり潰れている気がします。



北京のスーパーでドリンクを物色中、見慣れた緑のパッケージに「おおこれは伊右衛門みたいだ」と深く考えずに買って飲んだら甘いお茶。よくみたら中国の他の緑茶ペットボトルと同じで砂糖入りでした。あまり似ているので持ち帰って並べて撮影。ほんと似てますよね、どっちかがパクリと信じてます。
ちなみに甘い緑茶、慣れるとけっこうやみつきになるんですよね。疲れたときなんかちょっと甘いほうが美味しいかもしれないです。






北京国都大飯店で、部屋にあったレストラン案内のページです。日本食レストランがあるようです。文金高島田の花嫁がラーメンもってます(笑)

時間が少し遅くて探検に行けなかったのが残念。



出発の日に伊丹から成田に飛んだ時に、シェルシートに座りました。こんな贅沢したことないのでリモコンを撮っちゃいました。リクライニングがいろいろ細かくできるうえにマッサージ機能付、いいなあこれ。
ちなみに成田からそのまま海外に飛ぶ機体で、国内に限り早い者勝ちでこの特権にあずかれるそうです。なので、バーゲン運賃1万円でシェルシートに座れました。役得役得(笑)
ただし、事前座席指定ができない便なので相当早く空港にいかなければなりませんが。