7日目
カリマバード→ススト→クンジェラブ峠→タシュクルガン


グルミットタワー
いよいよクンジェラブを越える日になりました。
またまた快晴。パキスタンでは最初のほうで夜に少し降ったくらいであとは晴れ、とくに山が見え始めてからはずっといい天気でした。

上フンザのグルミット付近では、グルミットタワーがよく見えました。
パスー氷河
左の写真の尖った白い山がシスパーレ(7611m)、谷間に見えるのがパスー(7478m)です。パスーから手前にパスー氷河が流れています。

コンダクターさんの話では、今回はカラコルムハイウェイ沿いに見える7000m以上の山がほとんど見えたそうです。晴れ男を自負してますけど、やはりここはアラーの思し召しに感謝です。





スストというところで出国手続きをしました。実際の国境まではまだ約90キロ、中国側の入国手続きをするタシュクルガンまでは200キロ以上あります。ここで国境越え専用のバスに乗り換えなければなりません。スーツケースを屋根から屋根へ乗せかえです。お世話になったガイドさんや運転手さんともここでお別れでした。


道はますます荒れてきます。崖崩れなどで通行止めになりやすいのもこの付近なのだそうです。

左の写真はなにがなんだかわけが分からないですけど、険しいところを撮ったということでご勘弁を(汗)
ユキヒョウ

ディーというチェックポイントで弁当タイム。

軍が駐屯していますが、そこにユキヒョウの子供がいました。ネコ科の子供はめっちゃめちゃかわいいですよね。知らない人の抱っこは嫌いみたいで抱けませんでしたが、しっかり肉球は触ってきました(笑)



クンジェラブ峠
スストを出て約4時間、カリマバードを出て約7時間、日本を出て7日目、ついにクンジェラブ峠にたどり着きました。中国側からカラクリ湖まで来ること2度、その時いつか越えようと思っていたクンジェラブ峠についにきました。

国境の碑をしっかり両側撮ってきました。もちろん自分も入った証拠写真も撮ってあります。標高4733mとのことですが、高山病なんかぜんっぜんなし。もう感無量です。
クンジェラブ峠クンジェラブ峠



ムスターグアタ
中国側に入ってからは、2度のトイレ休憩以外はタシュクルガンめざしてひた走ります。うかつに停まって公安に見つかると免許を取り上げられることがあるのだそうです。厳しさというか頭の固さというか、パキスタン側のいい感じの緩やかさとは大違いです。

ムスターグアタ(7546m)が見えてきました。停まれませんが、頑張って車窓から撮ってみました。

そしてタシュクルガンに到着。通関に時間がかかるとは聞いていましたが、まさか他のバスも含めて3台分が終わるのに2時間以上かかるとは思いませんでした。いくらなんでも手際が悪すぎるなあ。まだ陽があるうちについたのに、手続きが終わる頃には真っ暗になってしまいました。