関空〜パロ〜プナカ




今年の夏から関空〜バンコクのシンガポール航空便がなくなってしまいました。気に入ってたのにな、残念。しょうがないのでJALにしました。

この日は台風13号が接近中。バンコク便は無事に飛んでよかったのですが、台湾方面が欠航になっていたようです。
かなり揺れると言われていましたが、大きく迂回していたので大したこと無くてよかったです。着く前に酔ってヘロヘロはいやです(笑)


バンコク到着は23時ちょっと前。3時間ほど待つとドゥルックのチェックインが始まるので、そのまま空港で待機しました。
場所の確保は問題なかったですが、寒かった寒かった。スワンナプームはいろいろと不評みたいですが、夜の空調の厳しさも不評のようですね。

ドゥルックのフライトは4時35分。真っ暗なバンコクを飛び立って、機上で夜明けを迎えました。



ドゥルックエアは今年、25周年記念だそうです。リネン類はみんな記念ロゴになっていました。
そういえば記念品も渡されたなあ。アメニティーグッズでした。写真を撮ってないぞ、どこにしまったかな(汗)



快晴のパロ空港に到着!

今年は雨季明けのはずなのに天気が悪いと聞いていたので、幸先の良い好天が嬉しい!!


入国を済ませて空港を出ると、去年と同じガイドさんが出迎えてくれました。



初日はプナカまで。
パロ〜ティンプーの道路工事が完成したので、移動時間は大幅に短縮されました。
パロで少しお茶をしてから移動しても、観光の時間は十分です。

さっそく、途中のロベサにあるチミ・ラカンに再訪しました。



前回は6月で青々した田んぼでしたが、今回は黄色に染まって秋まっ盛り。田舎に帰ったみたいです。団塊の世代以上の観光客が増えているようですが、分かる気がします。懐かしい風景です。


まだまだ余裕があったので、プナカ・ゾンにも行きました。

去年は工事中だった橋がこの春完成。ワイヤのつり橋じゃなくて伝統様式になっています。このほうが雰囲気あっていいなあ。



途中の道端でマツタケを売っていたので購入。この量で300円ほど、安っ!

昨日行ったデパートのマツタケは5000円とか6000円、国産なら万単位でこの半分もなかったです。日本でいくらで売られているかブータンの人が知ったらびっくりするでしょうね。



さっそく夜にいただきました。

が、私もガイドさんも醤油を持ってくるのを忘れていました。う〜ん残念。それでも日本に住んでいたこともあるガイドさんの指導で、ホテルのコックさんがマツタケスープを作ってくれました。
日本のお吸い物よりはだいぶ味が濃いですけど、香りがちゃんと残ってて十分いけてました。やっぱり新鮮なのはいいなあ(笑)