● その他いろいろ ●


ツェチュのほかに行ったところです。
去年も行った場所は端折ってます。



ブムタンのタムシン・ラカンです。キチュ・ラカンとは川の対岸にあります。
鉄製の重い鎖帷子のようなものを着てお祈りするチャクタをやってきました。ちゃんとお堂を3回まわりました。重かったけど(笑)



同じくブムタンの、ジャンぺ・ラカンです。ジャンぺ・ラカン・ドゥップという奇祭で知られたお寺ですが、それがあるのは初冬。いつか行きたいです。



カルチュ・ダツァン。
ジャカルで泊ったミーファム・ゲストハウスを経営するお坊さんの個人寺院です。そのお坊さんは、ナムゲ・ニンポというかたで、王室の信頼も厚いとても偉いお坊さんなのだそうです。ホテルの収入をたくさんの修行僧の生活費に充てているそうです。



この日はナムゲ・ニンポは不在でしたが、残ったお坊さんたちがお祈りをしていました。

休憩中、子供たちがマニ車で遊んでました。おいおい、いいのか(笑)



ティンプーのデチェン・ポダン。
なにやら工事中でした。建物を増やすのかな?





パロのドンツェ・ラカン。
とんがり帽子が目立つお寺ですが、2年連続して拝観不可ということで許可がおりませんでした。ゴーを着てブータン人のふりをしたら入れるかな?


こちらはティンプーのJDW記念病院です。縁あって見学させていただきました。仕事柄興味があったのでうれしいです。

予想以上に設備が充実いしてました。しかし、設備や患者数に比べてスタッフの不足が深刻なのだそうです。

中の写真も撮ったのですが、場所が場所だけに公表は控えます。




こちらはパロ病院。日本でいえば県立中央病院というところでしょうか。でも、50床ほどの小さな病院で、設備もティンプーのJDW記念病院に比べるとずいぶん劣ります。




時間が余ったので、ガイドさんに誘われてパロの高級ホテル、ウマ・パロの見学に行きました。


木立に囲まれたすごい広い敷地、ゴージャスな雰囲気満点です。もちろん公定料金では泊れません。ホテル棟でも数百ドル、コテージは大きいものは1000ドル以上かかります。

う〜ん、豪華すぎてパスかな。公定料金で泊まれるこじんまりしたホテルで十分満足です。追加料金を払う余裕はありませんしね(笑)




ギネス認定の世界一大きい本を飾っていました(今もそうなのかな?)。


追記:2008年2月にテレビ放送された、サッカーの中田がブータンを訪ねたときにパロで泊ったのがこのホテルだそうです。ちょうどこの部屋でインタビューを受けていました。




なんか温水プールもあるし、ブータンじゃないみたいだなぁ(笑)




焼き石風呂のドツォだって、こんなにゴージャス。しかも、前室があってアロママッサージも受けられるとか。もちろんかなりの追加料金が必要です。




ちなみに、パロで泊ったホテルのドツォはこんな感じ。ええ、十分ですこれで(笑)


パロの散策は、ゴーで出かけました。カムニも借りてパロ・ゾンにも行ってきました。だいぶ日に焼けたので、黙っていればブータン人っぽく見えなくもないかなと思うのですがどうでしょう。
ほんとは自分用のゴーを欲しいのですが、荷物と予算の関係で次の時にしました。