愛知県長久手町にある、トヨタ博物館に行ってきました。
名古屋駅から地下鉄東山線で藤ケ丘まで行って、そこから名鉄バスで10分ほどの長久手車庫前から歩いて5分ほど。ただバスの本数がそんなに多くはないので、車で行ったほうが便利かもしれないですね。乗用車300台OKらしいので、大丈夫です。でも、当日はバスで行きましたけど(汗)

内容は、予想外に充実してました。名前の通り母体は「TOYOTA」なんですけど、新旧洋邦問わず世界中の車を集めて展示してます。日本のライバルメーカーの車もけっこうそろっていたのに驚きました。
実車のほかに模型やミニカーなどもあって、展示台数はたぶん150〜200台はあると思います。せいぜい1時間もあれば観て回れるかなと思っていたのでバタバタしてしまいましたが、車好きな人ならじっくり半日は楽しめると思います。さすがに乗ることはできませんけど(笑)

少し写真を撮ってきたので紹介します。


右は、入ってまず置いてある1台、「トヨダAA型」です。

で〜んとしたボンネットが印象的ですよね。今復刻したら、それなりに売れるんじゃないかなと思ってしまいます。そういえば、ちょうど太平洋戦争のころの記録映画を観ると、こんな形の車が出ていたような気がします。AA型も1936年製だそうですから、ちょうどその時代ですね。

昔は「トヨタ」じゃなくて「トヨダ」だったのも初めて知りました。



これなんだか分かります?

じつは、ベンツです(汗)

「ベンツ パテント モトールバーゲン」という車のレプリカです。歴史の教科書に出てきそうな形の車でした。きっと当時はこれで高級車だったんでしょうね。っていうか、車そのものがまだまだ稀少品の時代ですけど。

これはなんだったかな、う〜む(悩)
一緒に名称のプレートを撮っておけばよかったんですけどうっかり忘れて、思い出せないです。「へ〜、あの高級メーカーの車か」と思いながら撮影した記憶があるので、たぶん「ロールスロイス  シルバーゴースト」だと思います。なかなか豪華です(笑)
※「トーマスフライヤーモデルL 1902年アメリカ製」と教えていただきました。大変ありがとうございます(2004/2/18)。

右はなんと蒸気自動車、「スタンレー  スチーマーモデルE2」です。

写真では分かりませんが、ボンネットの部分にボイラー、前席下に水タンク、後席下に燃料タンクとエンジンが組みこまれているそうです。でも、言われてみないと分からないですよね。上のロールスロイス(?)と比べてもそんなに遜色ないですもん、見た目は。問題は乗り心地ですけど、どうだったんでしょうね。

こちらは、「ルノー  タイプDJ」で、1913年製です。

映画「タイタニック」で車を積みこむシーンとラブシーンで使われていたのがルノーのレプリカなんですが、当時の記録で実際にルノーの最新型が積みこまれていたそうです。タイタニック号の遭難は1912年ですからこちらは1年後のルノーですが、ほぼ同じ形です。当時はこのような形が流行りだったのでしょう。


日本の名車も多数展示されています。

左はダイハツの「ミゼット」です。懐かしいでしょ(笑)

この頃のオート三輪は、自転車みたいな棒のハンドルのタイプと、今の車のような丸いハンドルと2種類あったと思うんですけど、この展示してあったミゼットは自転車ハンドルでした。

右は「スバル360」です。

スバルはインプレッサワゴンでレトロデザインを出したりしてますけど、この360をそのまんま660にして出したほうが売れるんじゃないかな〜。今でも通用するデザインだと思うんですけど。特に若い女性うけそうな気がします。

こちらはホンダの「S600」。

あれは去年でしたっけ、S2000っていうオープンカーをホンダが出したのは。その源流にあるのがこの車だったと思います。

次はマツダの「コスモ」。

かっこいいですよねこの車。なんだかロータスヨーロッパに似てますけど(汗)

数年前に職場の研修で泊まりこんだ施設の近くにありました。なんだか大事に乗ってますよって雰囲気でした。右の写真をクリックすると、サービスでもうちょっと大きくお見せします。

最後はやっぱりトヨタでしめましょうね(笑)
「2000GT」です。

車好きの人でこの2000GTにこだわりを持つ人はけっこういるのだそうですね。私自身はそこまでこだわっているわけではないんですが、車好きの知り合いが熱く語っていたのを覚えています。
ということで、この車も写真をクリックすればもうちょっと大きく見られるようにしました。


ということで、トヨタ博物館の紹介でした。
車が好きな人だったらきっと思いきり楽しめるんじゃないでしょうか。日本車のコーナーでは、車好きの人じゃなくてもなんだか懐かしい車達に思わずにんまりすると思います。子供だったら自動車の歴史のいい勉強になるのかな。とにかく、予想以上にお得な博物館でした。

ちなみにリンク部屋から博物館のホームページにリンクしてます。他の車の写真も充実してますので、興味のある方は覗いてみてください。