トップガン

1986年アメリカ作品
出演 トム・クルーズ
ケリー・マクギリス
アンソニー・エドワーズ
バル・キルマー
メグ・ライアン
監督 トニー・スコット

「トップガン」っていうタイトルを聞くと、ビートのきいたサウンドに乗せて発艦していくトムキャットのシーンを思い出してしまいます。ベルリンが歌ったバラードもヒットしてましたね。そういえば、アカデミーで主題歌賞を獲ったのはたしかこのベルリンの歌ったテーマじゃなかったでしたっけ。タイトルは忘れたけど(汗)

腕は立つが粗野なマーベリックが、その腕を買われてエリート養成の“トップガン”へとやってくる話。米軍のイケイケの話なので、当然いろんな難関を乗り越えてマーベリックは女と名声を手に入れるのだが……。

は〜っきり言ってマーベリックがどうも好きになれないです。自己中心で自意識過剰で、同僚や僚機への思いやりなんてなし。こういう奴って戦果が華々しいうちはみんなついてくると思うんですけど、なにか事が起こったときにはきっと見放されてしまうだろうと思うんですよね。「さあ行くぞ」ってときには堅実なほうが信用できますから。だから、どうもマーベリックは好きになれない。

その点、バル・キルマー演じるアイスマンはいい奴です。腕は確かだし堅実だし仲間思いだし。最後のほうはマーベリックの引き立て役なので少々情けない一面を見せることになりますが、主人公じゃないからしょうがないですよね。もし自分が一緒に飛ぶんだったら、やっぱりアイスマンを相棒に選びます。

ちなみにこの映画、アメリカのテレビドラマERシリーズでおなじみのアンソニー・エドワーズが出ています。それから、メグ・ライアンも出ているって事、案外知られてないんですよね。登場シーンは多くないですけど、でもすぐに分かると思います。

2000.07.23