セブン・イヤーズ・イン・チベット

1997年アメリカ作品
出演 ブラッド・ピット
デビッド・シューリス
B.D.ウォン
マコ
ジャムヤン・ジャムツォ・ワンジュク
ラクパ・ツァムチョエ
ジェツン・ペマ
監督
原作
ジャン=ジャック・アノー
ハインリッヒ・ハラー

「よっしゃチベットに行くぞ」と決めて、やっぱり思い出すのがこの映画ですね。実在の登山家ハインリッヒ・ハラーのチベット入国の記録を映画化した作品です。

時代はナチス統制下の1939年に物語りは始まります。ヒマラヤ山脈の未踏峰への登頂を目指したものの、断念。その帰途、ナチスドイツと戦争状態になったイギリス軍によって捕らえられ、インドでの捕虜生活を送ることになります。しかしついに脱走に成功、苦しい旅の末に1945年、チベットへ入国。その後7年に及ぶチベットの生活の中で、ラサの人々やダライ・ラマ14世との交流の中でハラーも成長していくのでした。

チベットの7年よりも、チベットに着くまでの描写がしつこすぎるという感想を聞きますし、それもまたごもっとも。でも、私としては気に入っている作品です。中でも、素人役者たちの演技が光ってます。たとえば仕立て屋のペマを演じたラクパ・ツァムチョエ、ダライ・ラマの母を演じたジェツン・ペマ(ダライ・ラマ14世の実妹)。それからなんといっても、ダライ・ラマ14世を演じたジャムヤン・ジャムツォ・ワンジュクとその幼年時代を演じた弟のソナムの兄弟がすばらしい。この兄弟は、ブータン王国の外交官の息子達なのだそうですが、映画出演がこれっきりなのがもったいないくらいすばらしい表情を見せてくれます。ひょっとしたら、この兄弟がいなかったらこの映画はとてつもなくつまらなかったかもしれないです。

なお、この映画で老政治家のツァロンを演じたマコは、日系アメリカ人の岩松信。日系のハリウッド俳優の中では最も成功している一人でしょう。とっても重厚でオリエンタルな表情を見せてくれます。

 2000.07.18