マーサ・ミーツ・ボーイズ

1998年英国作品
出演 モニカ・ポッター
ジョセフ・ファインズ
ルーファス・シーウェル
トム・ホランダー
レイ・ウィンストン
監督 ニック・ハム

この映画、原題を「MARTHA - meet FRANK,DANIEL & LAURENCE」といいます。どんな話かというと、マーサがフランクとダニエルとローレンスの3人に出会う話です、ってそのまんまやんけ(笑)

でもほんとにそういう話です。
詳しいことはよく分からないけど、とにかく今の暮らしに行き詰まりを感じたアメリカ人のマーサ。仕事を休んで99ドルで行ける場所、ロンドンにやってくる。その旅の途中、フランク、ダニエル、そしてローレンスという3人の英国人に出会う。しかし、じつはこの3人は友達同士だったのだ。はたしてどうなるこの四角関係。

もてもてですね〜マーサ(笑)
アメリカ人にはさっぱりもてなかったのかどうかは知りませんが、とにかくこの3人の英国人たちはマーサにぞっこん。対するマーサは三股なんて鬼畜なことはしませんから、もし選ぶとすれば1人。ということで、うち2人は結局道化ということになるのですが、男たちの駆け引きがけっこう面白いと思います。それから冒頭にもう一人キーになる人物が出てくるのですが、その人物の意外な真実は結構笑えますから、最後までちゃんと観ましょうね。もっとも、英語に精通している人なら、最初からなんとなく答えは分かってしまうらしいのですが。私にはさっぱりですけど(汗)

主演のマーサを演じるモニカ・ポッター、笑顔がかわいいです。「パッチ・アダムス」ではヒロインを演じていましたね。それからジョセフ・ファインズ。「エリザベス」や「恋におちたシェイクスピア」などでブレイクする前の作品です。公開はこちらのほうが後になりましたが。私は兄貴よりも弟のほうがいい男だと思いますね。レイフ・ファインズのほうがちょっと親しみに欠ける顔立ちのような気が。女性にはどっちが人気あるんでしょうね。

そういえばこの映画を上映していた大阪の映画館、「女1人男3人のグループは割引」とかなんとか書いてあったんですけど、それらしきグループは居ませんでした。もっとも、そんなグループの人たちがこの映画を観たらどう思うんだろう。あんまり笑えないかも(汗)

2000.07.26