王立宇宙軍  オネアミスの翼

1987年  邦画
出演 シロツグ:森本レオ
リイクニ:弥生みつき
将軍:内田稔
監督
音楽
製作
山賀博之
坂本龍一
GINAX

空軍パイロットになることを夢見る少年、シロツグ・ラーダット。しかし成績不良。空軍に入ることはかなわず、しかたなく宇宙軍に入隊。そこは、意欲満々の将軍とは裏腹にまさに無気力な “ごくつぶし” の集まりだった。そしてシロツグもまた、ただただ無駄に時間を過ごす毎日。
そこで出会ったのがリイクニ・ノンデライコ。布教活動を行うリイクニにおだてられたシロツグは、人類初の有人ロケット打ち上げの搭乗に志願するのだった。舞いあがったまま、不順な動機で。でも、いつしかシリアスにドラマは進行する。国の内外から様々な妨害が繰り広げられる中、果たしてシロツグの乗るロケットは打ち上げに成功するのか……。


もうこんなに前の作品だったんですね。エヴァンゲリオンで有名なGAINAXの初製作がこれでした。エヴァンゲリオンは結局最初のちょっとだけで挫折しましたが、この王立宇宙軍は劇場まで観に行きました。坂本龍一の音楽でしかも宇宙ネタってことで観に行ったんですけど、スタッフの名前を見るとすごいですね〜。定本義行、庵野秀明、赤井孝美などなど。

でもそれは個人的にはどうでもよくって、なんて言ったらファンの人に怒られそうですけど、とにかくこの作品の物語が好きです。不順な動機で始めたことがだんだん本気になっていって、冒険あり恋愛ありのお決まりな展開なんですけど、こういうお約束は大好きです。落ちこぼれが頑張って成功を掴もうとする話に弱いんですね、わたしゃ(汗)
そしてクライマックス。音と絵の使い方が絶妙。それから軍隊だから銃撃戦もあるんですが、その弾の弾道とか爆発が当時としてはとてもリアルでした。おざなりに絵にするんじゃなくて、実写を研究して作画したんでしょう、きっと。そういうところに感心したのを覚えています。
それからこのオネアミス世界の裏設定が凝っていて、ムック本を買ってきたりもしました。ただ、捨てたつもりはないんですけど今手元にありません。たぶん何度か引っ越しているうちにまぎれて無くしてしまったんでしょう。う〜ん残念。

ちなみに、DVDには公開時にカットになったシーンが追加されています。別にどうってことないシーンですけど(汗)

2000.12.06