On Your Mark
ジブリ実験劇場

1995年日本作品
CHAGE&ASKA
監督 宮崎駿

この作品を映画と呼ぶことには異論もあると思います。むしろMusicClipとかプロモの色合いが濃いものです。だから、音楽のジャンルに分類する店もあります。でも、私にとっては映画。7分に満たない長さの中に魅力が凝縮された、見事な作品だと思います。宮崎駿さんの作品で一番好きなものはと聞かれたら「紅の豚」と答えるこの頃だけど、もしこれを含めていいならダントツ1位で「On Your Mark」です。



近未来の地球と思われる世界が舞台。
地上は放射能に汚染され、居住区でもマスクのような装備が欠かせない。チャゲと飛鳥に似た警官のコンビは、怪しげな新興宗教と思しき集団のアジトを制圧する作戦に参加。そこで囚われていた翼をもつ少女を救出する。意識を取り戻し水を飲む少女に笑顔になる二人。でも、つかの間の穏やかな時間は少女を回収に現れた体制側の研究者と思しき集団によって破られる。同じ公僕としては、なすすべもなく見送るしかない。

しかし、二人は決意する。
少女を救わなければ。そして、拘束するもののない空へ返さねば。

そして立ち上がるのだった。



まるで2時間級の映画になってもおかしくないほどの世界を7分弱に凝縮し、CHAGE&ASKAの歌に乗せて描く。初めて見た時はしばらく呆然としていました。そしてLDを手に入れたときは、延々リピートして見ていました。今のアパートに越す時にLDプレーヤーは箱にしまったままになっていますが、きっと今夜は箱から出してこの作品を見ることになってしまうと思います。それくらい心揺さぶられる一本でした。

大切なのは時間でも台詞でもなく、世界観と脚本であるということを実感させる名作です。そして、宮崎駿さんのテイストが凝縮している一本なのだろうと思います。

たぶんレンタルできます。たかだか7分弱(同時収録作品を合わせても20分程度)のビデオに数時間級の映画と同じレンタル料金を払うことに躊躇する人もいるかもしれないけど、でもその価値があると思います。レンタル代すら惜しいような駄作を見るよりは遥かにオススメできる一本です。

 2001.02.12