エン女医あきら先生


水城まさひと著
まんがタイムジャンボ連載中
まんがタイムスペシャル連載中
単行本3巻まで出版中
    (2001年3月末現在)
発行所:芳文社



四コマ漫画です。たぶん今もっとも人気のある四コマ漫画の一つだと思います。うちのリンク集から行ける「四コマ研究所」のページで去年あった人気投票で、堂々第3位です。


登場人物

日向晃(29)。外科医。患者さんうけのいい女医さんなんだけど、おっちょこちょいで鈍感なのが玉に傷。でも憎めないんだな。

日向海尋(22)。看護婦。晃と同じ病院に勤めている。ひょっとして科もいっしょかな。歳の離れた姉のおっちょこちょいを見て育ったせいかしっかり者。姉のフォローの毎日(笑)

野呂歩(26)。晃の後輩。温厚で腕も確かなので晃も立つ瀬がない?でもどういうわけか彼は晃に片思い中。病院中が知っているのに、晃だけが知らない(汗)

他にも、怪力無双の看護婦長やいまいちつかめない外科部長、晃たちの親兄弟、晃の研修時代の同僚に先輩まで登場。そういえば患者たちも面白いのがいっぱいいるな〜。こんな病院だったら入院してても楽しいかも。でも、晃先生のおっちょこちょいには時にはビクビクしそうだけど(汗)

ちなみに、この手の話は漫画でも小説でも下手な取材をしているものは仕事柄分かってしまうんですけど、この「エン女医あきら先生」はなかなかよく書けてます。ひょっとして作者は医療業界出身かと思ったら、ぜんっぜん関係なし。元アニメーターだそうです。どうやら医者の世話になることの多い方らしく、その実体験と取材を元に書いているのだとか。

四コマのなかでもお薦めの一つです、ぜひどうぞ。

2001.03.12