自作の解説ばかりしてる様な奴は、
見込みはない
 ___黒沢明


別に最初から見込みなんか無いからいいや(笑) ___gakusan


『A flower is not a flower』解説


単純に読めば、まあ、ありきたりなアスカの病院補完劇です。

シンジのキスでアスカが眠りから醒めて、ハッピーエンドと読めます。

つまり、『月の雫』編は病床でアスカが見ていた夢になります。


ここで、各段落ごとに振られている番号を見て下さい。

『10』が有りません。代わりに『12』がふたつ有ります。

つまり、第10段落は抜け落ちていて、第12段落は分岐して居るのです。


もし、この抜け落ちた第10段落に『月の雫』が入るとすると、

ふたつの解釈が出来ます。


ひとつは、上記と同じ。アスカが病床で見た夢のリプライズ。


そしてもうひとつは、『A flower is not a flower』が、

『月の雫』でアスカが見ていた夢になる場合です。

つまり、アスカとシンジは夢を交換し、シンジはアスカの視点で

アスカはシンジの視点で同じ夢を見たのです。

だからアスカは、奇妙な夢を見るシンジに「そういうこと」と納得し、

赤いパジャマを着たわけです。

第11段落では、アスカは夢である『A flower is not a flower』の中での

シンジの一生懸命さを語っていることになります。

その場合、第12段落は後者で、これは単なる不思議な話です(笑)。


もちろん、第10段落はあらかじめ失われているとも考えられます。

つまり、ハードコアな描写(巨爆)が省略されてるだけであると。

その場合、最初の病院補完の解釈も出来ますが、

第12段落を後者にすると、もちろん『A flower is not a flower』は

『月の雫』に関係無く、単にアスカの見た夢となります。

では、『月の雫』はどうなってしまうのでしょう。

『A flower is not a flower』を読むと、

シンジが、夢の中でアスカの笑顔を見るシーンが有ります。

つまり、『月の雫』は

アスカの夢の中でシンジが見ていた夢になります。

無論、それを病院補完に当てはめて解釈すると、

『月の雫』は単にシンジの見た夢になります。

この場合、アスカの見た夢は判らないことになります。


…と書いててさぶくなって来ましたが(笑)、

つまり、どうにでも解釈出来るのです。

だから、読まれた方のお好きなシナリオで楽しみ下さい。


…わたしは、単純な病院補完をお薦めします(巨爆)。


逆に、『A flower is not a flower』が

アスカの夢であったと云うシナリオはあまりお薦めしません。

…何故かって?

『ミサトが泣いて謝る』のも

『シンジが自分の“身体”には欲情しない』のも

何より、『自分が植物状態』であるのも

全てアスカの願望と云うことになりますから。

…ちょっとゾッとするでしょ?(笑)


最後に、第13段落以降ですが、段落番号のところに文章が有ります。

これは、『月の雫』から第11段落以降へ繋げる場合のため

この部分を抜かして読むと三人称になるようしてあるからです。


                      99.3.3 gakusan




NOVELSに戻る

ふりだしに戻る