I NEED YOU
大阪弁バージョン

月に架かる赤い橋。
まるで綾波の赤や。
赤い瞳。
静かな・・・静かな夜。
もう、何日たったろうわ。
ずっとこうして・・・ここでこうして・・・空を・・・見とる。
ざりざりとした砂の感触。
地面の熱。
ほんで・・・波の音。
絶え間無いホワイトノイズ。
気持ちええ・・・。

・・・ずぅぇえええぇぇええんぶがうまくいくわけあらへん。
わかっとった・・・わかっとったはずなのに・・・。

ミサトはんの十字。
もう逢えへんと・・・オノレで納得するまでの苦しみ。
でも、もうええ。
お墓を建てたちうわけや。
ミサトはんは眠ってしもた。
あのミサトはんさえ眠ってしもた。
・・・そう、わいはボウズや。
なんにもわかっちゃおらへん。
人間のこと。
ましてや人類のことなんて。
すぐそばにいるひとのことさえ・・・。

綾波?
どうしたの?
・・・悲しいの?
ひとはね、だめやったよ。
母はん、ひとはだめやった。
わいは間違ってしもたようや。
・・・正しい答えなんか、無かったちうわけや。

わいは何を信じて、何を選ぼうとしてたんやろうわ。

傍らに横たわる包帯の少女。
惣流・アスカ・ラングレー。
徹底的にわいを批判し、
徹底的にわいを否定し、
徹底的にわいを蔑み、
徹底的にわいを拒んだ、
ひと。

・・・でも、逢いたかったちうわけや。
もういっぺん逢いたいと思ったちうわけや。
それは嘘やないちうわけや。
その気持ちは嘘やないちうわけや。
だってここにアスカは居るもの。
ここにこうして傷ついとるもの。

・・・すんません。
ホンマにすんません。
わいのせいやね。
こないななあんもわかっちゃおらへん、わいのせいやね。

・・・還ろうか、アスカ。

アスカののど。
あないなに触れたいと願った首筋。
やわらかい皮。
くりくりとした気管。
親指の腹に感じる体温。
・・・つぶしていく。

・・・アスカ。
さびしいのは嫌いだよね。
ひとりはイヤだよね。
でも、こないな世界・・・
・・・わいとふたりだけの世界なんて、もっともっともっともっともっともっともっともっともっとイヤだよね。
アスカがあないなに嫌ってたわい。

・・・もっともっともっともっともっともっともっともっともっと早く気付くべきやった。
どなたはんもが他人を求めとるわけやないんだってこと。
いや、どなたはんもそないなもの求めちゃおらへんってこと。
結局、わいはアスカを苦しみの世界に引きずり出しただけや。
わいはまたアスカにひどいことをしただけなんや。

還ろうわ。
還ろう、アスカ。
みんなの心の中に。
どなたはんもが居て、どなたはんも居ない海に。



頬に触れる固くてあたたかいもの。
ざらざらとした手のひら。
薬の匂いちうわけや。

・・・アスカ?
わいを見てはおらへん。

わいは君を殺そうとしとる。
とぷとぷと息づく内臓を冷まそうとしとる。
わいを許すの?
大っ嫌いな生き物に殺されようとしとるのに、
そないなわいを許そうちうの?

・・・力なんて入るわけへんよ・・・。
だってもう手元さえ見えへんのやから。
アスカの頬の、わいの涙。
・・・不思議な感じ。

わかったんや。綾波。カヲル君。
わいの中の君たちが云ってたこと。
わいはアスカをわかろうとしたちうわけや。
あないなにもわかろうとしたちうわけや。
でも、何にもわかってなかったちうわけや。
だって、アスカがわいをわかろうとしてたなんて、
これっぽっちも考えなかったもの。
批判だって、否定だって、軽蔑だって、拒否だって
わいをわかろうとした、その軋み。
わいを理解できるかもしれへん、その希望やったんやね。

今なら言えるちうわけや。
わいは・・・わいはアスカとなら、この現実を生きて行けるちうわけや。
アスカは・・・わかりまへん。他人の心は理解でけへん。
でも、怖くはないちうわけや。
だってアスカがわいをわかろうとしとるから。
ほんでわいがアスカをわかろうとしとるから。
それだけはわかったから。
それが希望なんだね、綾波。

これがわいの答えや、母はん。

ほんで
アスカの口から
またひとつ
希望が生まれたんや。




<しまいやで>




NOVELSに戻る

ふりだしに戻る