オールGOTOの4wayです。チャンネルデバイダーとパワーアンプもGOTOとGOTO一色の稀なシステムです。中低音ホーンにはドライバーをダブルで取り付け強力にドライブしています。ウーファーの後ろは部屋で大きなスピーカーBOXの役割を果たしています。木製の朝顔ホーンの美しい仕上がりも素敵です。マニアの自作です。詳しくはホームページをご覧ください。マニア憧れの朝顔ホーンをカットOFF周波数を変えて製作し、音の違いを色々試し聴きされています。
HORN FIVE
タンノイオートグラフ。JBL38センチフロントロードホーン。
YL音響中低音ホーンMB−70とドライバーD−75000、中音ホーンMB−150とドライバーD−55000、中高音ホーンCO−800とD−35000、ツィーターD−18000、何れもマニア憧れの物ばかりです。
詳細
詳細
このホームページを ご覧頂くには文字サイズ 中が最適です。
ウーファーJBL 2231A、
YL音響
ドライバーD−55000UとホーンMB−150
ドライバーD-35000Uとホーン CO−800
ツィーターD−18000Yダブル
からなる4wayです。

ESOTERICのユニバーサルプレーヤーP−03UとD/AコンバーターD−03をGPSからの受信により極めて精度の高い信号で同期を取られています。豪腕級のシステムです。
自作のバックロードホーンとカールホーンです。メーカー品でもこれ程の仕上がりの物を見た事が有りません。これ程の設計と製作技術の持ち主には滅多にお目に掛かれないと思います。羨ましい限りです。バランスの取れた完成度の高さが顕著に分かる再生音です。今度はどんな作品を作られるのか楽しみで仕方有りません。
Fostexの80センチウーファーを左右に使用している大掛かりなシステムです。その圧倒的な低域の量感と力強さには一聴して驚かされます。その際限無い程の低音が圧巻です。TAD、エール音響、ALTEC、GOTOから成る6wayです。
詳細
YL音響の低音ホーンLH−5とドライバーD−1250ダブル。エールX−100低中音ドライバーと専用ホーン。100Hz〜500Hzを受け持ちます。500Hz以上はGOTOのドライバーとホーンで構成されているオールホーンの5wayです。
No.5
No.7
No.16
No.15
No.13
No.11
No.1
No.21
No.10
No.2
No.4
No.8
No.9
No.6

2009/2/11〜

詳細
詳細

ホーンスピーカーの音に魅せられた、音楽を愛して止まない
熱狂的な愛好家の方々を集めたホームページです。
ご興味の有る方は、お気軽にご意見をお寄せください。

JBL純正、初期型パラゴン。

パラゴンは3WAYで、ツィータ075、ミッドレンジドライバー375、ウーファ150C−4C。
後期型はウーファがLE15になります。
初期型は音が厚くゆったりと鳴ります。後期型は現代的な音です。
駆動アンプはAudio SpaceのReference−One。
使用している真空管は845、300B、6SL7、6SN7で重量は1台55Kgと化け物です。
No.22
<音作りの特徴>  
デジタルチャンネルデバイダーのディレイ機能を活用し各スピーカーのタイムアライメント調整を行い、またイコライザー機能でスピーカー周波数特性のフラット化を図ることで各ユニットの性能を最大限に引き出すことに努めました。
その結果力強い低音、深みやこくを感じさせる中音、精緻で爽やかな高音が得られました。音楽ソースを聴くと力のあるティンパニー、豊かに響くピアノや管楽器、鮮明なボーカルがリスナーの感性を刺激します。
演奏が終わると拍手をしたくなる感動を覚える音です。
HOMEPAGE
とても綺麗なパラゴンです。ホーンスピーカーの極められた完成された一つの姿と思います。多くのファンと愛好家が居られる歴史に残る銘機です。マークレビンソンとチェロと言った豪華な機器で駆動されており雄大な音楽を奏でます。
EXCLUSIVEのmodel2301です。
HORN・FIVEすなわちホーンスピカーが5個以上が条件の為、EXCLUSIVEのツィーターET−703を載せて3wayとして頂きました。通常はツィーターを使用しない2wayで聞いておられます。
YL音響、エール音響からなるオールホーン6way。全てモノラル真空管アンプで駆動。チャンネルデバイダーはCR1段の6db/OCT。拘り抜いたシステムです。
2メートル角の自作低音ホーンにはGOTOの38センチウーファーがダブルで取り付けられています。切れが良く雄大で圧倒的な音楽空間を作り上げます。手作りの木製朝顔ホーンも美しい出来栄えです。オールGOTOの4way。卓越した設計と製作の技量が羨ましい限りです。
ALTECの38センチウーファーダブル駆動のフロントロードホーンとマンタレホーンです。洗練された音がALTECのポリシーを物語ってくれます。
オールYL音響のドライバーとホーンで構成さたYL音響が誇るスピーカーシステム。5way仕様。低音をドライバーとホーンで鳴らすシステムは極めて稀な存在と言えます。音の質とリアリティの向上を求めた結果、オールホーンシステムが有利とYL音響は判断し、世に送り出したと聞いています。
No.24
JBL純正、初期型ハーツフィールド。
2WAYで、ドライバー375、ウーファ150−4C。
かなりの年代ものなのですが、写真の通り美品。保存状態最高。発売当初はモノラル使いが主流でモノラルで売られていました。現所有者はシリアル番号が1番違いで2台お持ちです。まさに奇跡的です。
上に載っているリボンツィータはGEMのTS−208。
桁違いに高価なツィータです。
駆動アンプはかのマークレビンソン氏のRed Rose Musicが発売しているModel Oneです。
詳細
ブログ
詳細
自作のスピーカーと真空管アンプ群です。大きなスピーカーは高さ2メートル有ります。真空管は845、211、300B、6550Aをプッシュプルまたはパラプッシュプルで強力にドライブしており、何れも超弩級です。JR栃木県西那須野駅近くで喫茶店を経営されています。
No.20
詳細
HOMEPAGE
詳細
HOMEPAGE
HOMEPAGE
詳細
詳細
ブログ
低音ホーンの全長は8メートルにも及びます。オールホーン4Way仕様。ドライバーはエール音響とGOTO。音響理論に基づき、自作とは思えない出来栄えです。卓越した製作技術とホーンに対する知識の深さをこのホーンシステムから見て取れます。雄大な音で浪々と音楽を奏でます。
準備中
リンク
YL音響の4wayスピーカーシステムDS−7000です。古き良き時代の名機です。洗練された家具調の堂々とした作りです。卓越した木工技術が伺い知れるキャビネットで、優秀な職人の存在が伺い知れます。音も姿も現在に於いて一級品と言えると思います。
詳細
No.23
掲示板
オールJBLの3wayホーンシステムです。茶色のフロントロードホーンが珍しいです。中音のウッドホーンは木目が美しく近距離に最適なホーンと思います。音離れ良く切れの良い音を奏でてくれます。
No.19
No.18
No.17
No.3
No.12

あなたは

人目の訪問者です。

JBL純正、オリンパス。
ダブルウーファーに見えますが片方はドロンコーンです。
ウーファーLE15A、パッシブラジエターPR15、375+HL93、ツィータ075、ネットワークLX5、N7000.
中域には375とエクスポネンシャルホーンが取り付けられていますが、贅沢にも別の375に超有名な蜂の巣ホーンの組み合わせを写真の様に乗せています。
音ですが、他では出せない位の音の厚みを表現し、生々しい音です。女性ボーカルやジャズを完璧に鳴らしきります。どっぷりと音楽に浸れ惚れ惚れします。
詳細
JBL38センチウーファーダブルのフロントロードホーンが巨大です。YL音響中低音ホーンMB−70が上から圧し掛かっている姿は迫力満点です。対面にはfostexの80センチのスーパーウーファーが3Dで50Hz以下を再生。6way構成。その圧倒的な迫力で雄大な音楽を奏でます。小型のシステムでは絶対に再現出来ない世界です。詳しくはホームページをご覧ください。
オールYL音響のホーンとドライバーから成る5wayです。YL音響が誇る低音ホーンLH−5が3台並ぶ姿は他では絶対見る事が出来ないと思います。凄いの一言です。脱帽です。
オールホーン4wayに3D方式ダイヤトーン80センチスーパーウーファーを加えたシステムです。このスーパーウーファーは画面中央奥に設置されており見えませんが巨大な物です。白く美しいホーンの仕上がりが目を引きます。自作ホーンです。
No.14