裏技

 

 

え〜と

裏技です

なにかの参考 ヒントになればと

 

ご自分でメンテナンスされてる方へ

 

まずは基本中の基本 タペット調整をする時に

 

回り止めのナットは緩むけど

肝心のアジャストスクリューのマイナスネジが回らん!

と いう時は

 

トーチでボルトの取り付け部分を30秒ほどあぶりましょう。

98パーセント位の確率で緩みます

お試しあれ。

 

 

 

自分でオイル交換していて

ドレンプレートのスタッドボルトが

クランクケース側でイカれてしまった場合

 

ま ようするにエンジン側のネジ山がナメてしまったら

 

本来なら一回り大きい穴を開けてネジを切りなおしますが

元々が6mmしかないボルト穴をオーバーサイズにすると

普通に入手できるボルトは6mmの次のサイズは

8mmです。

当然それに合わせてドレンプレートも加工

茶こしフィルターも加工

ガスケットも加工

銅ワッシャーも違うサイズに..

 

てな具合になります

 

そこで登場するのが

 

1/4サイズ(インチ山)のボルトです。

便宜上となりのミリ山ネジも普通のボルトで比較していますが

騙されたと思ってこのボルトを付けましょう。

ワーゲンのクランクケースはマグネシュウムで作られていて

比較的 材質が柔らかいので

タップで加工しなくても

ナメてしまった穴にグイっとネジ込めば

新たなネジ山を作りながらドレンプレートが固定できます。

銅ワッシャーも純正サイズが使えるし

脱着ももちろん可能です。

 

本来ナットの部分がボルト頭になってしまいますが

かなり有効な手段でっす。

 

 

 

 

 

裏技2