思い出 その1

 

 

 

空冷との出会いは

18歳。

免許取りたての若造でした。

あ VWじゃありません。

スバルR-2です。

昭和46年式のスーパーデラックスでした。

ブルメタに全塗装されて納車された日は

うれしくて車の中で寝ました。

 

納車されて次の日

さっそく旧車の洗礼を受けまして(その当時で12年落ち)

カブらせてしまってエンジンがかかりません。

父親にこっぴどく怒られました。

だから普通の車にしろって言っただろう!

 

って

 

ま そう言いながらもエンジンかかるようにしてくれたのは

近所の修理工場のあんちゃんでも

中古車屋さんのメカニックでもなく

 

大工さんである父親でしたけど。

 

その後家には

スバルR-2の部品取り車が2台ありまして

ほぼ毎日車いじり

 

部品取り車にオーバーサイズのピストンが入ってたので

整備なんかやった事もないのに

付け替えてみたり

点火時期を変えると

車が速くなるのが判って

いじくりすぎて

せっかくのオーバーサイズピストンを溶かして穴を開けてみたり

車高を落としたのにトーイン調整してなくて

フロントタイヤが片べりしてバーストしてみたり。

 

一度はみんなとゼロヨンやりたくて

CR-Xに乗り換えましたが

 

飽きちゃって またすぐに農家に捨ててあったR-2をもらってきて

今度はフロントにREXのディスクブレーキを装備しまして

フロントはREX10インチ

リアはシビック用の12インチを履いて

アホタレケツ上げで走ってました。

その頃にアメリカングラフィティをテレビで観まして

ジョンのデュースクーペを見て

すっかりやられまして

自分で黄色に全塗装して

ピープミラーを付けて

まくったTシャツの袖にタバコをいれて

窓からひじを出して乗ってましたね〜

 

あげくにチョップトップしようとして

屋根を十文字に切った所で

 

完成しないまま僕のR−2の歴史は終わりました。

 

今現在手元にはテールランプが2セット

ディスビキャップが1

そして今でも入手できるのかな?

テールランプ用の3フィラメントの電球が2個あります。

 

おじいちゃんになったら

また乗りたいですね。

 

 

次こそはチョップトップにして。

 

 

 

思い出2