ホーム ] 地図 ] [ おしながき ] 料理写真 ] 店写真 ] 店主ご挨拶 ]

 


 

天然の素材の美味しさを、存分に味わっていただけます。
下記は人気メニューを、一部ご紹介させて戴いております

季節の会席料理 8品数 8,000円〜15000円(一客)

付きだし・造合わせ・吸い物・蒸し物・焼き物・油物・御飯物・水物
合計、季節のお料理8品
量的にも充分ご満足していただけます!会席画像

一品料理名 お値段 画像
解説文
鴨ロース 1500円 画像
穴子豆腐 1500円 名物料理・画像
えび芋かに饅頭 1500円 解説
かぶら蒸 1500円 解説
すっぽん鍋 1800円 解説
あわびのバター焼き 4000円〜4500円 解説
ぐじの酒蒸 1500円〜1700円 解説
其の他にも色々と品揃えしてございます!
お昼11時〜2時迄 ご予約のみコース料理5000円8000円がございます
  大小のお集まり、ご法事等にご利用下さい
寿司 お土産 に最適です。
鯖寿司画像
2500円〜3500円
穴子棒寿司
2500円
精進寿司
鱧寿司(夏季限定)

鯛笹まき寿し
(一口大の手まり寿司を笹の葉で巻いてありす)
一人前8個  3,500円

お料理の画像をご覧になるにはこちらをクリックしてください

芋茎(ずいき)のくず引き

白芋茎(しろずいき)と薄切りにしたあわびを昆布と鰹だしで煮吉野葛でくず引きをし、生姜をのせ、いただきます。 夏の暑い時期に、暑いあんかけものを戴くのも絶品でございます。

わかくさ

新豌豆(しんえんどう)の裏ごしを卵の白身でつなぎ、ぐじの上身の上に載せて、蒸にかけ吉野葛のあんかけして御座います。春ならではの一品で御座います。

加茂茄子の田楽

加茂なす(丸い御茄子)を御召し上がりやすい大きさに切り、油で揚げ、京に白味噌と赤味噌で田楽味噌を乗せてお召し上がりいただきます。加茂茄子は皮が薄く果肉が柔らかで初夏の京都の名物でございます。

ぐじの酒蒸

吟味された若さぐじにお酒を振り、蒸鍋で火をとおしお豆腐、椎茸をあしらい、出し汁を注ぎ仕上げに三つ葉を浮かせて増す。ぐじの身、お豆腐などを添えましたポン酢で召し上がって頂き又、ぐじの出汁がでました御だしは、そのまま吸い物として楽しんでいただけます。

あわびのバター焼き

あわびの貝殻にバターで焼いたあわびを盛、季節の野菜を添え、レモンを絞って召し上がっていただきます。鮑のやわらかさと磯の香りを楽しんでいただけます。

ぐしの酒蒸し

関西ではアマダイのことをぐじを申します。脂の乗った白身の魚です。
寒い冬には最高の美味しさを感じます。

おいおい表示のお料理を増やしていきますので、楽しみに待っていてください!