尾首の池 月を愛でる会


中秋の名月には、尾首の池を会場に観月会”月を愛でる会”を行っています。熱々の美味しい芋炊きはまさに絶品。また、池の周りには、1,000灯近い手作りのキャンドルを並べ、立石の秋の風物詩でもある”茅ぐろ”のライトアップで幻想的な雰囲気を演出しています。さらに、池の土手には特設ステージを組み、和楽器や木管楽器のアンサンブル、地元のジャズバンドなど、味わいのあるお月見コンサートも行っています。


2017 第11回尾首の池月を愛でる会へのご来場、ありがとうございました

10月7日(土)に開催しました「第11回尾首の池月を愛でる会」にご来場いただきました皆々様に、スタッフ一同心から御礼を申し上げます。

実に6年ぶりの見事な満月のもとで開催できましたことは何よりですが、それにも増して、毎年の雨にも懲りずお越しくださった尾首ファンの方々の温かいお言葉に、私たちも感動をいただきました。心を新たに、来年に向けて「やるぞっ!」という気持ちがわいて参ります。

スタッフの高齢化に伴って、年々しんどくなってはおりますが、できる限りの”精一杯”で来年もまた皆さま方をお迎えしようと思っています。どうか、来年もぜひ尾首の里へお越しください。

愛鱗会スタッフ一同



第11回尾首の池月を愛でる会チラシ