HOME 整体とは 診療日時 アクセス 問い合わせ リンク

南龍整体術とは

    整体術とは、日本古来より伝わってきた古流柔術各派の裏技、活法として存在してきた民間の手技療法です。柔術の稽古中に逆手、逆技などで関節を脱臼したり痛めたりした時には道場の師範が整体術を使って治療を行っていました。その技術は一門の高弟にのみ秘伝として脈々と受け継がれてきました。現代においても古流柔術は各地に伝わっており、古武道の整体術を施しておられる先生方もおられます。
 南龍整体術は約400年前より伝わってきている関口流柔術、富田派第14代寺西弘陽宗家が関口流柔術、誠武館に入門し免許皆伝を受けた後それまで無秩序であった関口流柔術の整体術を整理、研究をかさね独自の工夫を加えて理論的に系統立てた整体術です。

南龍整体術の特徴

 

 ※ 身体全体の骨格、筋肉のバランスを整える
 ※ 関節の亜脱臼や骨の歪みを指で静かに治す
 ※ 痛みを止めるのではなく、痛みの原因を治療する
 ※ 治療する時、器具や電気などは使わない
 ※ 急激な力を加えないので、苦痛は伴わない
 ※ 危険がないので、幼児から老人まで安全に治療できる

     (適応範囲)
         肩こり ・ 寝違い ・ 腰痛 ・ ギックリ腰 ・ 坐骨神経痛 ・ 骨盤矯正 ・ 膝痛
         五十肩 ・ ムチウチ症 ・ 関節痛 ・ 椎間板ヘルニア ・ 脊柱側湾症等 

南龍気功術とは

   南龍気功術は、古来より日本に伝わる治療法であります。(中国気功とは関係有りません) 約200年前より古神道に伝わる気功術を宇賀神龍仙先生より伝授された寺西弘陽宗家が、独自の創意、工夫を加え生み出した治療法です。
 宇宙に無尽蔵に偏在する気を自在にコントロールし放射して治療をします。(宗教とは関係有りません) 気功は患部に気を送り痛みを取り除く方法なので、治療に痛みや苦痛は伴わないし無害である為、老若男女どのような人にも治療を施すことが可能です。
 一般的に治り難いと言われている様々な症状にも適応し効果をあげています。

南龍気功術の特徴

   


☆ 手を触れない、又は軽く手を触れて気を放射して治療する

☆ テイシンを使って、熱、冷えを抜いたり、気穴から気を入れて
   治療する

☆ 手を触れない、又は軽く手を触れて、骨を動かし正常な位置に
   戻す

 

 (適応範囲) 
       肩こり ・ 腰痛 ・ 筋肉痛 ・ 耳鳴り ・ 眼病 ・ 関節痛 ・ 膝痛 ・ 寝違い
       ストレス ・ 不眠症 ・ 更年期障害 ・ 椎間板ヘルニア ・ 自律神経失調症等