MTS治療は、きわめて短時間、
しかも痛みもありません。
 初めてMTS治療を受けた方々の多くが、治療のスピードにびっくりします。検診からアジャストまで数分から二十分といったところが普通です。人によっては「あっけない」と不満を抱かれるかもしれません。
 しかし、一回の治療の量は少ないほうがいいのです。量が多すぎたり、悪くないところにまで刺激を与えることは、からだの反発を招き治療効果を下げてしまいます。
 薬はたくさん飲めばいいわけではないのと同じです。大切なことは、どれだけ治療を受けたかではなく、本当に健康を回復したかどうかなのです。
 また、多くの方が意外に思われるのが、自分が問題にしているところを治療者が無視しているように見える場合があることです。あなたが腰痛で苦しんでいても、治療者は頚椎をアジャストするかもしれません。たしかに、痛みは何かしらの問題があることを示すものですが、その原因がいつも痛みの個所にあるとは限りません。悪いなどと思ってもみなかったところに、ほんとうの原因があることが多いものなのです。