2011年のアルバム

番号 画像 タイトル コメント
239  仙台
光のページェント
 今年の光のページェンは、大震災の津波で55万個全ての電球を失い、開催が危ぶまれたそうですが、全国からの支援で予定どおり開催された。ここ数年、毎年見ているページェントだが、今年はまた格別の思いで・・・いつも以上に電球の暖かさを感じたひと時だった。 (12/10.24)
238 京都紅葉Ⅵ
 ~永源寺、百済寺
マイカーで3泊4日、初めての京都の紅葉。仙台から約10時間ちょっとのドライブ。紅葉めぐりはネットで調べて出かけたが、時期的にもちょうど良かったような気がする。憧れの京都の紅葉風景を十分に堪能できた。
(11/25)
237 京都紅葉Ⅴ
 ~常寂光寺、祇王寺、三千院
236 京都紅葉Ⅳ
 ~宝厳院、嵐山、
天龍寺
235 京都紅葉Ⅲ
 ~高台寺、八坂神社、詩仙堂、圓光寺
234 京都紅葉Ⅱ
 ~永観堂、知恩院
233 京都紅葉Ⅰ 
~南禅寺、天授庵
232 自宅の花 春先からの自宅の庭に咲いた花々。
231 田沢湖、角館、国見
温泉の秋の風景
田沢湖と角館の秋の風情を撮りたくて・・・。途中、国見温泉の寄り道。
(11/3)
230 陸奥国分寺薬師堂 自宅近くの秋の陸奥国分寺薬師堂。(10/29)
229 月山山麓の紅葉 この時期、時々訪れる月山山麓の地蔵沼周辺の紅葉風景(10/16)
228 能登千枚田、白馬 9月下旬の三連休はマイカーで石川県の輪島・千枚田と長野県の白馬へ。千枚田では、稲を刈り取った後のあぜにキャンドルを灯すイベント「あぜの万燈(あかり)」が開催されていた。白馬では、ゴンドラ、リフトを乗り継いで標高2060mの八方池を散策。(10/10)
227 白馬栂池、
立山アルペン
今年二回目の立山アルペンルートへ。今回はツアー会社の「紅葉一番乗り・・・」という宣伝に乗っかって出かけた。残念ながら紅葉は染まり始め。それでも、初日の白馬の栂池自然園、二日目のアルペンルートともに青空で最高のお天気。(9/28)
226 そばの花・すすき・
彼岸花

秋の風情を探しに山形尾花沢~鳴子鬼首~古川とドライブ。徳良湖近くのそば畑では白い花が絨毯のように畑一面に。赤倉温泉経由で鳴子、鬼首へ。お目当ては「すすき」。風になびくすすきの風情をたっぷりと堪能。最後は古川の羽黒山公園の彼岸花。(9/24)

225 定禅寺ジャズフェスティバル

第21回の「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」。参加バンドは730グループ以上。ケヤキ並木の定禅寺通をはじめ、公園・街角などであらゆるジャンルの音楽が聴けるところが楽しい。(9/10)

224 大曲花火大会 昨年に引き続いて、今年も大曲の花火を。今回もバスツアーだが、今年は「桟敷席プラン」、それもダブルという通常の二人分のスペースが確保できるプランを利用。(8/27)
223 ひまわり、酒田十二滝、玉簾の滝

今年の異常な暑さにはヘトヘトぎみだったが、お盆中に涼を求めて山形県酒田市にある玉簾の滝と十二滝を訪ねた。途中、三本木のヒマワリ畑へ寄り道。(8/14)

222 赤川花火大会

「希望の光~復興に勇気 子供たちに笑顔 そして東北に未来を」 の大会テーマで山形県鶴岡市で開催された。(8/10)

221 みちのく芸能まつり 8月7日、仙台は七夕まつりの真っただ中だったが、岩手県の北上市で開催された「北上・みちのく芸能まつり」へ。鬼剣舞、秋田県の羽後町の西馬音内盆踊り、盛岡市のさんさ踊り等が印象に残った。(8/7)
220 仙台七夕

今年の仙台七夕、甚大な被害を被った東日本大震災で開催が危ぶまれたが、「復興」と「鎮魂」をテーマに8月6日から8日まで開催された。きれいな七夕飾りに国内外からの応援メッセージの短冊・折鶴等がいたる所で見ることが出来た。(8/6)

219 亘理ハスの花 県南の亘理町の称名寺のはすの花。県内では知る人ぞ知るハスの名所で、国道6号線から見えるのですぐにわかる場所だ。自宅からそう遠くないのでほぼ毎年訪れているが、今年は白い花の開花にも間に合って、広い池に赤と白のきれいな花が咲き誇っていた。(7/31)
218 立山アルペン ツアーを利用して立山黒部アルペンルートへ。立山駅からケーブルカー~高原バスで、標高2450mの室堂へ。時間の関係で急ぎ足でみくりが池周辺を散策。途中、雷鳥にも巡り合えて大感激。(7/25)
217 東北六魂祭 3月11日の大震災からの復興へののろしを上げようと、東北6県の夏祭りが結集した東北六魂祭(ろっこんさい)が7月16日・17日と仙台で開催された。(7/17)
216 みちのくアジサイ園

梅雨が開けた7月上旬、300種、30000株ものあじさいがあるといわれる、岩手県一関市の「みちのくアジサイ園」へ。(7/10)

215 森吉山登山 花の百名山、秋田県の森吉山。イワカガミとチングルマ群落の見どころ「山人平」では残念ながら終わりかけだったが、天気に恵まれバテバテながらもお花畑の中で心地よく写真を撮ることが出来て大満足の一日だった。
(7/2)
214 栗駒山山麓 栗駒山山麓の須川湖と周辺の湿原などを散策。期待していたイワカガミの花は、イワカガミ湿原では既に終わっていたが、登山道にある名残ヶ原・賽の河原ではちらほらと見つけることが出来た。(6/25)
213 すずめ踊り 震災の影響により中止になった今年の「青葉まつり」だったが、震災復興への願いを込めて、「元気発信! ともに前へ」をキャッチフレーズに開催された「仙台すずめ踊り」の様子。元気一杯に舞い踊る光景は、まさに「がんばろう! 東北」。(6/19)
212 秋田小町まつり 秋田県湯沢市雄勝町で行われた小町まつり。平安時代の女流歌人小野小町を偲んで、毎年、小町堂をメイン会場として行われている。選ばれた七人の小町娘が、平安時代さながらの市女笠(いちめがさ)と言われる笠が印象的だった。(6/12)
211 山形ひめさゆり・
飯豊散居風景
山形県大江町の大山自然公園のひめさゆり。この時期になると何回か訪れている所だが、今年も可憐な花が咲き誇っていた。近くの飯豊散居風景も・・・。(6/7)
210 鳥海山山麓 秋田県の鳥海山山麓を散策。元滝、「釣りキチ三平」のロケ地でも有名な「法体の滝」、それと、期待の「桑の木台湿原」は残念ながらレンゲツツジは咲いていなかった。(6/4)
209 寒河江公園つつじ 山形県の寒河江公園のつつじと藤の花。雨上がりの蒸し暑い日ではあったが心地よい汗をかいた。(5/21)
208 小国と白川湖 新緑の山形県飯豊町白川湖と小国方面へ。白川湖では木立が水没している幻想的な風景が印象的だった。(5/14)
207 新緑のケヤキ並木 新緑を求めて、市内卸町団地と定禅寺通り等のケヤキ並木の風景。
(5/5)
206 弘前公園の桜と
八甲田山麓
久方ぶりに出かけた弘前公園の桜と八甲田山麓の風景。(5/2)
205 松島の夜明けと
品井沼の桜
松島、西行戻しの松公園からの夜明けの様子と品井沼の桜。(4/30)
204 岩手~秋田角館方面へ 
カタクリ・水芭蕉・桜
秋田県の西木町のカタクリ群生地と田沢湖刺巻湿原へ。途中、北上展勝地の桜に寄り道。(4/29)
203 船岡城址公園・
榴ヶ岡公園の春
自宅近くの榴ヶ岡公園と船岡城址公園の桜。今年の船岡城址公園の桜祭りは震災のため中止となったが、青空のもとで満開の桜を楽しむ家族連れ等で賑わっていた。(4/9.10)
202 自宅周辺のさくら 自宅近くの若林区役所、陸奥国分寺薬師堂、新寺通の桜など。(4/8.9)
201 春の息吹

県民の森に出かけ春を感じて・・・。(4/5)

200 松島周辺散策 今年二回目の松島。風が少し冷たかったものの青空が広がるいい天気の中で、松島~七ヶ浜周辺を・・・。(3/5)
199 蔵王の樹氷と
山寺
蔵王山頂駅周辺はあいにくと小雪交じりの強い風で視界はほとんど利かず。天候回復の気配がないのでやむなく麓の蔵王高原駅周辺を散策。この辺一帯は落葉樹の細い枝先に氷結したきれいな霧氷を見ることが出来る。(2/19.26)
198 五箇山ライトアップ
と白川郷
連休を利用してバスツアーで五箇山と白川郷へ。仙台からは約7時間で白川郷に到着。
初めてなのでバス内で渡された散策マップをたよりに集落内を散策。深い雪に浮かぶ幻想的な風景が印象的だった。(2/11)
197 冬の裏磐梯 冬の裏磐梯散策ということで早朝に自宅を出発し秋元湖、達沢不動滝へ。普段はすぐ近くまで車でいける所だが、雪のため歩いて約20~30分ほど歩くことになる。春から秋の不動滝もいいが、冬もまた違った雰囲気を味わえる所だ。(2/6)
196 とうほく蘭展 夢メッセで開催された「とうほく蘭展&バラとガーデニングフェスタ」。何箇所かある展示場を廻り終える頃は、体も汗ばむほどに・・・色彩豊かで魅力あふれる蘭に囲まれて楽しいひと時を過ごすことが出来た。(1/29)
195 松島 雄島 松島の雄島、ここは、松尾芭蕉も訪れている所。諸国から来た僧侶、巡礼の人々が修行した場所とのことで、数多くの岩窟、仏像などがその面影を残している。ヨットハーバーも近くにあり、湾内の風景も結構楽しめるところだ。(1/22)
194 釜房ダム~
秋保 磊々峡
うっすらと雪が降ったある日、雪に誘われてふらふらとドライブ。釜房ダム経由で秋保温泉の磊々峡へ。ごつごつした岩が並ぶ峡谷、糸を引くような小さな滝とつらら等楽しい時間を過ごすことが出来た。(1/15)
193 薬師堂の正月 自宅近くにある陸奥国分寺薬師堂。
夕陽が残っている時間帯の暖かい光を受けた境内と正月恒例のどんと祭の様子。(1/9.14)
192 南三陸の風景 今年の正月、南三陸町の志津川へ家族旅行で出かけた。
寒波の影響で大分風も強かったが、志津川湾や神割崎の風景を堪能してきた。(1/2)