相続登記・遺言お任せ下さい。司法書士窪田事務所 TEL03−6666−5144  
相続登記・遺言・後見 
司法書士窪田事務所
     相  続
     遺  言
     成年後見
 TEL
 03-6666-5144

 お気軽にお問い合わせください
 
司法書士
窪田事務所
〒164-0001
東京都中野区中野5丁目67番6号ビジネスハイツ中野801
TEL03-6666-5144

遺贈とは

 遺贈は、遺言者が遺言によって財産を無償で譲り渡すものです。
 そして、遺言者の死亡により効力が生じる単独行為です。遺贈を受ける側の意思表示が必要ない点で、契約とは異なります。
 そして、遺贈は法定相続人に対しても、相続人以外の第三者に対してもすることができます。
 一方、相続させることができるのは、法定相続人に対してだけです。

 そのことにより財産が不動産の場合、登記上問題となるのは、もし遺言に遺産を「Aに遺贈する」と書いた場合は、Aが法定相続人であっても(例外的な場合を除き)遺贈の登記をすることになり、相続の登記ができないことです。このような場合は、「Aに相続させる」と書かなければならないわけです。
 遺贈の登記と相続の登記では、まず登録免許税(登記の申請時に貼る印紙代です)が遺贈の方が高くなります(前者は固定遺産評価額の1000分の20、後者は評価額の1000分の4)。
 申請人も相続では、実際に相続した方だけとなりますが、遺贈では(遺言執行者が定められていなければ)法定相続人全員の関与が必要になります。その他、申請書に添付する書類も変わります。なお、Aが元々、相続人にあたらない場合は、当然、相続させるものではないのですから、遺贈の登記をすることなります。従って、自分に子供があるのに、あえて自分の兄弟に不動産を継がせようという場合も遺贈になります。

遺言書の作成

遺言書の保管方法

遺言の執行

事務所名、所在地及び連絡先

司法書士 窪田事務所
〒164−0001 東京都中野区中野5丁目67番6号ビジネスハイツ中野801
TEL 03-6666-5144
FAX 03-5356-8522
E-mail shoshikubo@gmail.com
 



HOME事務所 プライバシーポリシー費用お問合せリンク集サイトマップ
司法書士窪田事務所   
Copyright (C) 2008 Kubota Judidicial Scrivener’s Office All Rights Reserved.