相続登記・遺言お任せ下さい。司法書士窪田事務所 TEL03−6666−5144  
相続登記・遺言・後見 
司法書士窪田事務所
     相  続
     遺  言
     成年後見
 TEL
 03-6666-5144

 お気軽にお問い合わせください
 
司法書士
窪田事務所
〒164-0001
東京都中野区中野5丁目67番6号ビジネスハイツ中野801
TEL03-6666-5144

 数次相続と登記

 数次相続とは、第1の相続による相続が済んでいない間に、その相続人についても相続が開始した場合(第2の相続があった場合)をいいます(また第3、第4などの相続が発生した場合も同じです)。
 このような場合、不動産の相続では、原則的には、第1の相続登記をして、第2の相続登記を
します(第3、第4があればその順番でしていきます。ただし、順番に登記をして行けばよいということであり、連件で登記の申請処理はできます。
 ただ、(最終の相続の前までの中間)が単独相続になる(1人が相続する)場合は、1件の
相続登記で最終的な相続人までの相続登記ができます

 2次相続までの場合、1次相続人が1人となるケースです。これについては法定相続人がもともと1人の場合が典型的なものですが、共同相続人数人がいる場合に、相続の放棄、遺産分割協議があったり、特別受益者がて結局1次相続人が1人になったケースでも同じです。
 この場合は、最終の相続人である2次相続人名義に直接、相続登記を入れることができます。
>
 これと違って、1次相続人が2人の子だけであり、いずれも登記しないままでその後亡くなった場合(2次相続が開始した場合)でその各相続人もそれぞれ子1人の場合、1次相続の登記をして、それぞれに2次相続の登記をします。
 一方、これと違い、1次相続人が配偶者と子2人であり、登記しないままで配偶者も亡くなった場合の相続人がやはり同一の2名の子である場合は、その子2人が遺産分割協議をすれば直接、子名義に相続させる登記をすることもできます。


相続の開始とは

相続手続きの流れは

遺産分割協議をするとは

事務所名、所在地及び連絡先

司法書士 窪田事務所
〒164−0001 東京都中野区中野5丁目67番6号ビジネスハイツ中野801
TEL 03-6666-5144
FAX 03-5356-8522
E-mail shoshikubo@gmail.com
 



HOME事務所 プライバシーポリシー費用お問合せリンク集サイトマップ
司法書士窪田事務所   
Copyright (C) 2008 Kubota Judidicial Scrivener’s Office All Rights Reserved.