相続登記・遺言お任せ下さい。司法書士窪田事務所 TEL03−6666−5144  
相続登記・遺言・後見 
司法書士窪田事務所
     相  続
     遺  言
     成年後見
 TEL
 03-6666-5144

 お気軽にお問い合わせください
 
司法書士
窪田事務所
〒164-0001
東京都中野区中野5丁目67番6号ビジネスハイツ中野801
TEL03-6666-5144

 まだ生まれていない子は相続人になれるか

 まだ生まれてきていない子、つまり胎児にはその父親が亡くなった場合、父親の遺産につき、民法第886条により相続権はあります。ただし、実際に相続するためには生まれることが条件となります。胎児相続の場合、遺産分割協議をするのは、生まれていない時点でもできます。
しかし、一般的には生まれた後、相続権が確定してから協議がされるのが普通です。その場合、赤ちゃんは未成年といえますが、親権者である母親とは遺産分割について利益相反の関係にあるので、特別代理人が必要になります。他に未成年の子(赤ちゃんの兄姉)がいれば、各自に特別代理人の選任が必要になります。特別代理人と母親が協議して遺産分割がされることになります。



相続の開始とは

相続手続きの流れは

遺産分割協議をするとは

事務所名、所在地及び連絡先

司法書士 窪田事務所
〒164−0001 東京都中野区中野5丁目67番6号ビジネスハイツ中野801
TEL 03-6666-5144
FAX 03-5356-8522
E-mail shoshikubo@gmail.com
 

HOME事務所 プライバシーポリシー費用お問合せリンク集サイトマップ
司法書士窪田事務所   
Copyright (C) 2008 Kubota Judidicial Scrivener’s Office All Rights Reserved.