相続登記・遺言お任せ下さい。司法書士窪田事務所 TEL03−6666−5144  
相続登記・遺言・後見 
司法書士窪田事務所
     相  続
     遺  言
     成年後見
 TEL
 03-6666-5144

 お気軽にお問い合わせください
 
司法書士
窪田事務所
〒164-0001
東京都中野区中野5丁目67番6号
TEL03-6666-5144

 相続人の資格の併有

 相続人の資格が併有している場合はその相続分はどうなるのか、ということが問題になります。
 例えば、亡くなった方に妻がいて、妻が亡くなった夫の両親の養子になっている場合、亡くなった方に子がなく、両親等直系尊属もなく、兄弟は妻も含め複数だとすると、妻としての相続分(4分の3)の他に、兄弟姉妹(両親の実子、養子の区別なく兄弟姉妹)としての相続分も取得できるのか、ということが問題になります。
 これについては、相続人の資格が同一系列か違う系列かで区別します。
妻と兄弟は同一系列ではないとして、妻の資格でしか相続できません。即ち、妻の相続分である4分の3でしか取得できないことになります。
 これに対して、例えば、亡くなった方Aだとして、孫D(子Bの唯一の子)が、Aの養子でもある場合だと、違います。
 Aの妻は先に亡くなっていて、実子がB、Cであり、BもAより先に亡くなっているとすると、DはBの養子として子の資格で、Aを相続できますし、Bの代わりの相続人にもなります。 
 従って、相続人は実子C、養子D(、実子Bの)代襲相続人のDになり、 この場合はDは2つの子の資格により3分の2を相続できることになります。同一系列では資格併有が認められるのです。 よく、生前に孫を養子にしたり、兄弟の子を養子にしたりすることがあります。これは相続分を考えてなされていることも多いのです。



相続の開始とは

相続手続きの流れは

遺産分割協議をするとは

事務所名、所在地及び連絡先

司法書士 窪田事務所
〒164−0001 東京都中野区中野5丁目67番6号ビジネスハイツ中野801
TEL 03-6666-5144
FAX 03-5356-8522
E-mail shoshikubo@gmail.com
 



HOME事務所 プライバシーポリシー費用お問合せリンク集サイトマップ
司法書士窪田事務所   
Copyright (C) 2008 Kubota Judidicial Scrivener’s Office All Rights Reserved.