相続登記・遺言お任せ下さい。司法書士窪田事務所 TEL03−6666−5144  
相続登記・遺言・後見 
司法書士窪田事務所
     相  続
     遺  言
     成年後見
 TEL
 03-6666-5144

 お気軽にお問い合わせください
 
司法書士
窪田事務所
〒164-0001
東京都中野区中野5丁目67番6号ビジネスハイツ中野801
TEL03-6666-5144

 遺産分割の方法

 一般に遺産分割といえば、協議分割のことをいいます。つまり、遺産分割協議による分割です。 相続では遺言があれば、それが共同相続人の意思より尊重される、つまり、被相続人の意思が共同相続人の意思より尊重される関係にあるので、被相続人(遺言者)が分割の方法を指定したり、その指定を第三者に委託していれば、それが優先されます。 これを指定分割と呼びます。
 指定分割がなされず、さらに協議分割が整わない(不調、不能)場合には、相続人からの請求により、家裁で審判分割がなされます。
 ただ、指定分割による場合でも、遺言執行者がいる場合といない場合では、異なる点があります。 遺言執行者がいない場合には、共同相続人の合意で、指定と異なる遺産分割も可能であることです。
 遺言執行者がいる場合は、指定と異なる分割はできません。 これは、遺言執行者がいる場合は相続人に処分権がないものとされるからです。つまり、被相続人の意思よりも共同相続人の意思が尊重される場合もありうるのです。
 遺産分割は相続開始時に遡及して効力が認められますが、その協議はいつでもできるとされます。遺産分割協議後に新たな遺産が見つかった場合でも、先の分割は無効にならず、発見された遺産については、新たな協議で分割(再分割)すればよいとされています。


相続の開始とは

相続手続きの流れは

遺産分割協議をするとは

事務所名、所在地及び連絡先

司法書士 窪田事務所
〒164−0001 東京都中野区中野5丁目67番6号ビジネスハイツ中野801
TEL 03-6666-5144
FAX 03-5356-8522
E-mail shoshikubo@gmail.com
 



HOME事務所 プライバシーポリシー費用お問合せリンク集サイトマップ
司法書士窪田事務所   
Copyright (C) 2008 Kubota Judidicial Scrivener’s Office All Rights Reserved.