相続登記・遺言お任せ下さい。司法書士窪田事務所 TEL03−6666−5144  
相続登記・遺言・後見 
司法書士窪田事務所
     相  続
     遺  言
     成年後見
 TEL
 03-6666-5144

 お気軽にお問い合わせください
 
司法書士
窪田事務所
〒164-0001
東京都中野区中野5丁目67番6号
TEL03-6666-5144

相続放棄の注意点(具体的説明)

 1 相続人が配偶者と子供3人の場合
そのうちの子供一人が相続の放棄をすると、最初から相続人は配偶者と子供2人とみなされますので、法定相続分は配偶者と子供の相続分が1:1なので、放棄をしない子供2人でその1を分け合いますから、配偶者と子供2人では、1:1/2:1/2=2:1:1となります。つまり、配偶者の相続分が、全体の半分ということは変わりませんが、子供の相続分が変わる(増える)ということです。
 
 2 配偶者と子供が1人の場合
 子供が相続の放棄をすると、共同相続人が、配偶者と直系尊属に変わってしまうことです。
。直系尊属が相続開始のときに1人もいなければ、配偶者と兄弟姉妹に変ります。
 従って、子供がその母又は父のみ(亡くなった方の配偶者)に相続させたいという場合に、相続の放棄をしてしまうと、子供が相続の当事者から外れ、配偶者は亡くなった方の直系尊属や兄弟姉妹と話し合いをし相続をしなくてはならない事態がおこるということです。この場合は、配偶者と子供で遺産分割協議をすべきなのです。



相続の開始とは

相続手続きの流れは

遺産分割協議をするとは

事務所名、所在地及び連絡先

司法書士 窪田事務所
〒164−0001 東京都中野区中野5丁目67番6号ビジネスハイツ中野801
TEL 03-6666-5144
FAX 03-5356-8522
E-mail shoshikubo@gmail.com
 



HOME事務所 プライバシーポリシー費用お問合せリンク集サイトマップ
司法書士窪田事務所   
Copyright (C) 2008 Kubota Judidicial Scrivener’s Office All Rights Reserved.