相続登記・遺言お任せ下さい。司法書士窪田事務所 TEL03−6666−5144  
相続登記・遺言・後見 
司法書士窪田事務所
     相  続
     遺  言
     成年後見
 TEL
 03-6666-5144

 お気軽にお問い合わせください
 
司法書士
窪田事務所
〒164-0001
東京都中野区中野5丁目67番6号ビジネスハイツ中野801
TEL03-6666-5144

 代償分割

 遺産分割の方法は、現物分割、換価分割、代償分割があります。現物分割は、現物を分けるものです。
換価分割は現物を売却してその代金を分けるものです。これに対して、代償分割は現物は一人または数人の相続人が取得して(または過分に取得して)、他の相続人に対して金銭の支払いなどの債務を負担するというものです。
 代償分割の場合は、債務を負担する形でいいので、必ずしも、一定の相続人が遺産を取得した時点で、他の相続人に金銭等を支払わなくてもいいのです。しかし、このため、遺産を取得した相続人の資力がそれでも十分でない場合には問題があります。将来、債務が履行されなければ、他の相続人が損害を蒙るからです。
 他の相続人に負担した債務を履行しないからといって、遺産分割協議は解除できません。このため、遺産分割時や遺産分割後直ちに債務が履行される場合を除いては、分割協議書に債務の履行期などを定め、それまでに履行がなければ分割協議が解除できる旨定めておくことができます。 しかし、それでも現実にその財産が売却されてしまえば、意味がいことになるので、その債務の履行を確保するため、その遺産が不動産であれば、他の相続人が抵当権をつけさせたりすることもあります。でも、親族間ではそこまでしないのが普通です。結局は、遺産を取得する相続人の資力が十分でないなら、代償分割よりは、他の分割方法が適していると思われます。


相続の開始とは

相続手続きの流れは

遺産分割協議をするとは

事務所名、所在地及び連絡先

司法書士 窪田事務所
〒164−0001 東京都中野区中野5丁目67番6号ビジネスハイツ中野801
TEL 03-6666-5144
FAX 03-5356-8522
E-mail shoshikubo@gmail.com
 



HOME事務所 プライバシーポリシー費用お問合せリンク集サイトマップ
司法書士窪田事務所   
Copyright (C) 2008 Kubota Judidicial Scrivener’s Office All Rights Reserved.