相続登記・遺言お任せ下さい。司法書士窪田事務所 TEL03−6666−5144  
相続登記・遺言・後見 
司法書士窪田事務所
     相  続
     遺  言
     成年後見
 TEL
 03-6666-5144

 お気軽にお問い合わせください
 

司法書士
窪田事務所
〒164-0001
東京都中野区中野5丁目67番6号ビジネスハイツ中野801
TEL03-6666-5144

 
 
離婚と子の氏の変更

 離婚により妻が子供を引き取っても、子は離婚の際における父母の氏(苗字)を称することになるので、前夫が筆頭者の戸籍であった場合の子の氏は父の氏になります。
 戸籍の氏と親権者がどちらかということは関係ありません。だから、離婚により復氏した妻がその子を引き取り同居する場合でも、妻がその子の氏と異なることになります。
 氏の変更は、子が15歳以上であれば、子が家庭裁判所に届け出ることにより家庭裁判所の許可を得て(役所に届けて)することができますが、子が15歳未満のときは、法定代理人が届出をします。
 子の法定代理人は親権者ですが、母が親権者なら母が届けることになり、父が親権者なら協力してもらい、父が届け出ることになります。
 このような場合、親権者が父で、その協力が得られないと、氏の変更ができないことになりますが、子の利益のため必要があるときは、子の親族は親権者の変更の請求ができるので、これにより母が親権者の変更を家庭裁判所に申し立て、親権者の変更をして、氏の変更をする手続きをすることもできます。
 家庭裁判所の手続きが必要な点でや煩雑ですが、母が結婚中に称していた氏を離婚の日から3ヶ月以内に届け出て、前夫と同じ氏を名乗ることもできるので、それも一つの採るべき方法です。

事務所名、所在地及び連絡先

司法書士 窪田事務所
〒164−0001 東京都中野区中野5丁目67番6号ビジネスハイツ中野801
TEL 03-6666-5144
FAX 03-5356-8522
E-mail shoshikubo@gmail.com

 


HOME事務所プライバシーポリシー費用  |お問合せリンク集サイトマップ
司法書士窪田事務所   
Copyright (C) 2008 Kubota Judidicial Scrivener’s Office All Rights Reserved.