トップページ

装いを楽しむ
レンタル着物


季節を装う
のきもの

女物ゆかた
大特価セール
撫松庵


きもの雑感
「立春

着物再生

about YUKATA in Englis



色柄足袋

メール

総合トップ




「明日何を着ようかな?」の選択肢の中にきものがあったら楽しいと思いませんか?
 たくさんの方にその楽しさを知って欲しくて、しんやでは次のような事をしています。

普段の街着としてのきものを提案
一人で着られない悩みを解消
着た後のお手入れもお任せ下さい
お手持ちのきものを診断

 しんやでは以上4つの事を提案しています。

「着付けお助けグッズ

現在仮店舗にて営業中です。旧店舗裏になります。
和装小物販売、着付け、和裁教室、洗い張り、仕立て、しみ抜きなど着物に関することはご相談ください。
まずはお電話を 03−3337−2469
           03ー3330−1821

★ 普段着としてのきものを提案

きものは洋服と比べればサイズは大分融通がききますが、やはり一番着易いサイズはちゃんとあります。ただ、すぐ着用したい、お手頃な価格など時代のニーズによりプレタが登場しました。そのためサイズなど無視した販売がまかり通り、お客様が着にくい思いをしているのに、そのホローやアフターケアーをせず、売りっぱなしのお店があるのも事実です。メーカーや販売店は、お客様が着て喜んでいただけるように対応しなければいけないと思います。かつての呉服屋は各ご家庭の衣料のホームドクターのような立場で、赤ちゃんからお年寄りまで、そのおうちのその時々の事情、出来事などを考えて、古いものを手入れをし、他の物に作り変え、新調する時はご相談に乗り、と親身になってお付き合いをしました。だから何代もお店を続けられたのだと思いますし、人と人との信頼関係があっての「商い」だと心得ます。昨今はお医者様を真剣に選ぶ時代となりました。そろそろご自分にとって大切な物を購入する際の「お店」も選ぶべきだと思うのです。特に「呉服」は親から子へと受け継がれるべき常識が途切れてしまい、品物を選ぶ基準を持たない(知らない)お客様がほとんどとなってしまいました。そのためにも気軽に相談できる行きつけの呉服店を作ることをお薦めします。私が考える良いお店選びのポイントをご紹介しますので参考になさってください。
 @ 着物のサイズや仕立てのことが良く分かっている販売員が常に店に居る。(薬局に薬剤師が居るのと同じです)
 A 品物を選ぶ時に使用用途やTPOなどをきちんと確かめ、ご予算を確認した上で商品を薦めてくれる。(販売員に売り上げノルマを課している店ではより高価な物を薦められ、必要でない小物や着付け用の器具なども薦められてしまいます)
 B 気軽に入って、気兼ねなく見物が出来、気軽に出られる店
 C 商品価格表示が明瞭な店
 D 着付けについても相談できる店
 E 商品のお手入れや寸法直しなどをしてくれる店(高価な物だけをするのではなく、です)
 
化繊のきもの……自宅で簡単に洗えるきものは手入れの面倒が少なく、経費の節約にもなります。色柄も豊富で、古柄を復活させたものもあり、従来の「お稽古着」だけでなくファッショナブルな装いとして、お友達との集まりなどにも気軽に着ていけます。
帯や羽織などもオシャレな物が増え、その為の小物類も多種揃えております。仕立て上がっていることと、価格が安い事もきものに気軽にトライ出来ると好評です。
木綿、ウールの単衣のきもの……それぞれいろいろな厚さの生地があり、それによって、年間を通して単衣で着ていただけます。従って手入れも簡単で、自宅あるいはドライクリーニング出来ます。名古屋帯や半巾帯で日常から外出まで幅広い場面で活用できます。真夏のゆかたも、柄によっては長襦袢を着て 木綿のきもの として楽しめるものが増えています。仕立てあがり、お誂えお仕立ての両方があります。
正絹の小紋、紬……ほとんどがお誂え用に反物で揃えております。縮緬に変わり江戸小紋や江戸更紗染め、生紬に摺り小紋、紬縞をさらに草木染したものなど、かなりシャレ物揃いです。価格は\78,000.-位から\380,000.‐以上のものまで。きものを知り尽くした方の目にも留まる逸品です。お好み次第で年齢は無く、帯や小物の組み合せによって年齢やシチュエイションを変化させます。特に、男物の生地を女性に仕立て、シャキット着こなすことを提案しています。金銀や多色使いの関西好みの友禅とは対極の、渋い味わいの関東好み、マスキュリンなきもので光る個性を演出することを提案します。

もちろん、正絹の振袖、留袖、訪問着、付け下げ、色無地、江戸小紋、各種コートや羽織などお誂えの染めや御仕立てを承ります。何なりとご相談下さい。
※下記は当店にてお求めいただいた反物に対するお仕立て代の目安です。
  仕立て直しなどの場合、多少金額が変わりますのでご了承下さい。
振袖 ¥45000〜
留袖(比翼付き) ¥58000〜
訪問着 ¥38000〜
付け下げ ¥32000〜
小紋 ¥25000〜
紋付(喪服など) ¥30000〜
羽織 ¥25000
道行コート ¥26000〜
長襦袢 ¥18000〜
名古屋帯(芯入り) ¥7000〜(かがり帯は異なります)
袋帯 ¥5000〜(芯を入れる場合は異なります)
男物は生地により異なりますが、きものでおよそ¥30000内外が目安です。
着物の他羽織、コート、袴、野袴など多岐に渡りますので別途ご相談下さい。

ページの先頭へ

★一人で着られない悩みを解消お助けグッズいろいろ

 しんやではご希望の方に「着付けの個人レッスン」を受け付けています。短期集中でその方の覚える早さに応じて、技術の出し惜しみ無く、一講座(1時間〜1時間半)\1,000.〜です。「着付けを覚えるのは面倒」な方には、着付けも承ります。ゆかた\1,000.- 街着\4,000.\-から 式服(留袖、喪服、訪問着など)\5,000.-から 変わり結び¥6,000.-から
着付けに関する悩み、不明点などにも分る限りお答えしてゆこうと思っています。
お手持ちの袋帯を切る事無く、「付け帯」に出来ます。ほごせば普通の帯に戻せます。以前は一人で着られたけれど手が回らなくなった方や海外へお持ちになる方などに喜んでいただいております。
 。
お助けグッズ
「美容衿」
半衿を衿芯に張って、長襦袢の衿に縫い付けるのが面倒な方にお薦め。長襦袢の衿を挟み込んで粗綴じするだけ。洗濯は襦袢からはずして洗濯機へ。襦袢も洗える物ならはずさず丸洗い可能です。衣文抜きも付いて、着崩れしにくいです。
塩瀬¥3675(¥3500) 盛夏用絽¥3990(¥3800)
「衣文抜き」
半衿を付ける前に襦袢の衿付け、背中心に縫い付けて使用する。一度付けたらはずさずに使う。衣紋の抜き加減を3段階調節できる。
¥1029(¥980)
「たもと紐」
ゴム芯の入った細い組紐の両端に滑り止めの付いたクリップが付いています。左右の袖を銜えて帯の太鼓山の陰を通して使います。着物姿で働く時に袂が邪魔になりません。
「ウエストベルト」
ゴム製の腰紐  ¥630(¥600)
第一腰紐の代わりで、胸紐の代わりにはなりません。
着慣れてくると普通の腰紐で充分ですが、着付け初心者やお腹周りのたっぷりとした方には便利です。あらかじめ自分のウェスト寸法に合わせて長さを調節し、前中央から当て、後ろで交差して前へ戻り、ゴム端の輪にかぎ金具を引掻けて留めます。
「コーリンベルト」  
M¥945(¥900) 1050(¥1000)
ゴム紐の両端にクリップを付けた紐
衿合わせが着崩れて開いてくるのを防止します。襦袢にも着物にも使えます。バストの豊かな方(着物の身幅が狭い時)や伊達衿を使う時にとても便利です。
簡単な街着やゆかたなら、胸紐を使わずこれで代用できます。
「変わり結び三重紐」 ¥420(¥400)
紐中央に三重のゴム紐が付いている変わり結び用補助紐。
振袖の袋帯を変わり結びに〆る時にとても便利です。腰紐やガーゼ紐を2〜3本使っていた変わり結びがこれ1本で済み、着る方も楽に着られます。
「三河衿芯」  \294(\280)
三河木綿の衿芯
芯地の厚さが薄いものは衣紋の抜け方が決まりません。しっかりとした地厚の木綿をお薦めします。これに半衿を張り、さらに襦袢の衿に縫いとめて使います。
「枕受け付き帯はさみ」 ¥609(¥580)
「帯揚止」という名前なのですが帯揚げを留める物ではありません。帯を胴に2巻きしたら、縛らずに交差した位置をこれで胴帯ごと挟み、下端のクリップを留めます。太鼓裏に帯枕を当てたら、上の枕受けに載せ、後は普通に帯を形作ります。つまり帯を縛ら無くて済み、枕も高い位置に安定させる事が出来る器具です。
「枕受け」 
¥367(¥350)
上と同様に帯枕を
高い位置に安定さ
せる為の器具だが
、こちらは単純に
帯の縛り目の上
に差し込む。
「房州しつけ」
帯〆5本用(10個)セット
¥525(¥500)安い
帯〆房カバー
樹脂製の丸まっている
カバーを開きながら帯
〆の本体に巻きつけ、
房の方へ移動させ、指
の腹で軽く揉むと形が
整う。繰り返し使用可能
「衿止め」
¥189(¥180)
半衿やきものの衿
付けの縫い目にS
の片端を差込み、
上前と下前の衿や
半衿を開かないよ
うにさせる金具。
主に男性が使用。
「ブロッシュ三分紐用」
銀色もあります。
¥1050(¥1000)
ブローチを帯留めとし
て使う時に便利。ブロ
ーチの針を管に通し、
三分紐を通して使う。
「帯留め」
¥262(¥250
大きなヘアピンの
ような形。お太鼓
の下端と垂れとの
接点に使う。帯芯
が柔らかすぎる帯
を結ぶのに便利。
「ブロッシュ.大」
銀色もあります
¥1050(¥10009
上と同じ使い方だが、
4分平打の帯〆を使
える。但し、帯〆端の
房が大きいとダメなの
で注意。

ページの先頭へ

★着た後のお手入れもお任せ下さい

 ご家庭で出来ることはお教えします。出来ない事は専門家にお任せ下さい。特に絹物は絹を扱い慣れたプロにお任せ下さい。丸洗い、ヨゴレをはじくパールトーン加工、破れ、解れ、色焼けの直し、寸法直し,染め直し、洗い張り仕立て直し、他の物へリメイクなど何なりとご相談下さい。費用のお見積もりも無料で致します。
※下記金額は一応の目安です。着物の状態により金額は前後します。
袷せ着物洗い張り
(表、裏、八掛け)
¥16000〜
解き、端縫い含む
袷着物丸洗い ¥7000〜
シミ抜き ¥3800〜(シミの大きさ、古さ、生地の状態により異なります)
無地染め(きもの) ¥14000〜(前処理の必要な場合など、状態により異なります)

ページの先頭へ

★お手持ちのきものを診断

 きものは本来リサイクルの精神そのものです。ほごせば四角い布に戻せます。まずは費用をかけず、そのまま着られるかどうかを診断します。お金をかけてでも、きちんと直して着るほどの品かどうかを調べます。あるいはお客様自身がそれ程着たいかどうかを伺います。また、そのきものがお持ちの帯や襦袢、小物類と、寸法、色柄、格や素材が合うかどうかを調べます。診断する品をしんやにお持ちくださっても良いですし、こちらからご自宅へお伺いすることも可能です。まずはご相談下さい。
下の写真は羽織2枚から、今流行の「長羽織」を1枚作った例です。
お母様やおばあ様から頂いた羽織が身丈も裄も短すぎて、身丈を直す事も出来ないでいた羽織を2枚接ぎ合せて長羽織を作りました。とってもオシャレに出来上がり、とても喜んでいただきました。
 
身丈不足の為裏の引き返しにも絞り生地を利用し、前の短い羽裏も利用できるようにし、低予算で作りました。その為、写真を撮るときに裏が写ってしまうと接ぎ合せた柄が分かりにくかったので、裏位置に白い紙を敷いて写しています。右外袖にも絞りを接いでいます。後ろは左右ともそれぞれ前身ごろと揃えて絞りを接ぎ、背縫いで市松になっています。

ページの先頭へ

●「洗えるきもの」の取り扱い方

  1. お召しになったら一晩ハンガーに掛け、汗をとばします。特に汚れていなければ、そのまま畳んでしまいます。
  2. ひどい(あるいは部分的な)シミや汚れは浴用の固形石鹸とぬるま湯でつまみ洗いします。タオルで水分を取り、ドライヤーですぐに乾かします。(放置すると輪ジミが残ります)
  3. 丸洗いはオシャレ着用の洗剤で手荒いが基本です。洗濯機を使う時は、ざっと袖だたみをしてネットに入れ、弱流で、一枚ずつ洗います。袷のきものは裏地とのつりあいが悪くなる事がありますので、出来るだけ手で押し洗いします。羽織や中に綿の入った三歳の被布のような物も、手で押し洗いしてください。蛍光塗料や漂白剤は使わないで下さい。(これらを含む洗剤も使わないでください)
  4. 脱水を軽くかけ、袖口までピンと張れる「きものハンガー」などに掛けて陰干しします。干す時に手ではたいて干せば、アイロンはほとんど必要ありません。かける時は中温で当て布をします。衿や袖の丸み、褄先などポイントにかけると良いでしょう。
 「自宅で洗える」ことがメリットですので、汚れる事をあまり気にせず、着ることを楽しんでください。
ページの先頭へ