2002年2月5日 669号  年末の家内騒動


 タンポポ毎回楽しみに読ませていただいています。
 私達の職場では毎日個人の売上が配布され、派遣の人達も含め競争させられています。重点商品はIP・フレッツであり私はマルチメディア用語にアレルギーを感じ、訓練を受けてもどう言う訳か頭に残らず、毎日の応対ではいつも悩みっぱなしです。まわりに男性や、IPに明るい人がいれば聞いたりもしますが、皆忙しく自分の事に精一杯のようで、聞くのも気が引けます。毎日がストレスです。
 こんな私が又憂鬱になったのは、年末に課長(組合員)からナンバーディスプレイの「強要」があったことです。「電話機が対応していませんから・・」と断っても、みんなにお願いした!とか、チン鳴りだけ気をつければとか、ボーナス評価をちらつかせたりで、私はIPも苦手ですし自信も無いのでしぶしぶ了解してしまいました。
 しかしそれからが一騒動です。チン鳴りの為に電話が取れない状況でした。一応祖父母には説明はしておいたのですが、何しろ年寄りなものですから・・・正月はハラハラでした。今後はどんな強要・勧奨がなされるのか不安です。組合も黙認状態の気がしてとても相談できませんでした。蛸の足食い状態で会社の発展や、明るい職場に成るのでしょうか。
 自分のふがいなさも含め、気が滅入る毎日です。
たんぽぽに期待します。

たんぽぽ目次へ戻る

通信労組目次へ戻る