2002年12月4日 662号  志賀 正雄


 私の通勤経路は、寮から徒歩で17分の「中央林間駅」で小田急電鉄の町田行き(新宿方向)などに乗車し、「小田急・相模大野駅」で、小田原行きに乗り換えます。本厚木駅で降車し、約十分の徒歩で職場に到着します。(当然のことだが、帰りは逆)
 寮は「独身寮」で、今年の7月に神奈川支店西法人営業部(厚木)に「業務上の必要」から配転された4人が居住しています。一ヶ月ほど前に、退職する若い社員がおり、その「お別れ会」した時のことです。「お別れ会」は職場のある本厚木駅付近で開催しました。
 やがて「会」はお開きとなり、ほどよく酔った4人は「本厚木駅」で新宿行きの電車に乗り込んだ。乗り換え駅の「相模大野駅」までは約20分で着くのだが、離れた席に座った一名が、寝てしまった。電車はやがて乗り換え駅に到着。私を含めた「当事者以外」は「良き思い出づくり」のために起こさないことを決定した。
 以前に寮母さんから聞いた「新宿まで行った人」を再現しようと。そして楽しみにしていた翌日。
(字数の都合上、つづく)

たんぽぽ目次へ戻る

通信労組目次へ戻る