2002年9月25日 654号  オータムリーフ 堀 宏


 散歩をしていると木の葉が色ずきはじめたことに、気がついた。今年は、秋が早いなあと思いながら酒田の駅裏の公園に入ると、枯葉が風に吹かれておちていた。
 コスモスが民家の庭で咲きはじめているのにバラも咲いている他人の庭の花を見ながらの散歩していると子犬にじゃれつかれ、少し遊んで飼い主にかわいい犬ですねと云うとにっこりと笑顔がかえってきた。
 のどかな気分で歩いていると、ポスターが貼ってある。不破哲三と須藤みや子の写真入りで二七日夜の演説会の案内である。
 加藤こういちの辞職による四区の補欠選挙だ。
 公共事業の口利きや政治資金で自分のマンションを買うなど政治と企業の癒着・政治腐敗が問われる。そして医療費の三割負担・銀行支援策・有事法制と戦争協力など思い出すと気分が悪くなる。長野知事選挙のような天変地異を期待しよう。不破、須藤の話を聞きにいこうと思った。

たんぽぽ目次へ戻る

通信労組目次へ戻る