2002年3月27日 631号   危ない有事法制 地主 文明


 小泉内閣は今国会での成立を図り有事法制を提出しようとしています。
 今出されようとしている有事法制は、戦争に協力することを国民に強制し、従わないものには罰則を与えるというものです。
 平和憲法がある日本で、戦争に反対することが犯罪になるという、まったく恐ろしいことが起きてしまいます。
 小泉内閣はアメリカの報復戦争に自衛隊を参戦させるテロ対策特別措置法をつくり、戦争に参加しています。92年に成立したPKO法では、PKF本体業務の活動は海外での武力行使に及ぶおそれの強い活動であり憲法上参加できないと凍結していたものを去年の12月に凍結を解除しました。
 米ブッシュ大統領はテロ支援国としてイラン、イラク、北朝鮮の名を挙げて軍事行動の準備をしています。
 今日本がなすべきことは、米軍による報復戦争を中止させ、自衛隊による戦争協力を直ちにやめることだと思います。

たんぽぽ目次へ戻る

通信労組目次へ戻る