2002年2月20日 626号   家へ入って三ヶ月、 何してますか? 池田 由紀


 平日の三時ごろ買い物なんかに出ると今まで会わない人達と会うようになるものですが、「毎日どうしてる?」ホントに困る質問を多く受けるのでこの紙面を借りてちょっと。
 家族からみて一応、不満はでない程度の家事はしているがその他の時間は無計画というかデタラメというか意味が有るのか無いのかゴチャゴチャ仕事がメインでなのです。
 ビデオのリモコンとラジカセのリモコンを代わる代わる持ち替えて何を録画してのか「頭出し」をやったり昔々のテープを保存したら良いかどうか考えているうち、突如、八月の最高気温三十五度になる天気予報やニュースが聞こえてくるとあの頃私は何をしてたっけ、はたまた子供が小さかった頃の可愛い声が入ってたりで気をとられ作業の能率は全然はかどらず、そこらじゅうテープだらけになり夕方になってしまいます。
 夜は夜で明日、起きられるかという心配は無いものだから深夜番組。これでは趣味というものはいつになったら見つけられるのか益々解らない話だけれど仕方ありません。それから写真の整理、本の整理、あー早くゴチャゴチャ仕事が終わり、身の廻りをシンプルにしたいのです。
 恥ずかしいけど書いたらすっきりしました。「何してる?」とあまり聞かないで下さいね。

たんぽぽ目次へ戻る

通信労組目次へ戻る