2001年11月14日 613号   野良猫のトイレ   飯沢 智美


 我家の庭が野良猫のトイレになってしまった。春に誕生したのだろう小猫が2匹、親猫(メス猫)とで3匹。庭の通路に砕石を敷いているのだが、糞をした後ご丁寧にその砕石をかぶせてあるのです。最初は犬の散歩で糞をさせていく輩がおると思っていたのです。聞くと「猫は一定の場所に糞をし埋めてしまうと言う事、臭いが犬より強い」と聞き確かめたら猫の糞なのでした。大きい糞が1ヶ所、小さい糞が2ヶ所、いつも大体同じ場所にあるのです。そのままにしておくわけにもいかず、糞処理している家主なのです。
 猫は春と秋2回出産すると聞き、これ以上小猫が増えたら我家の庭は糞だらけになると思い、保健所に問い合わせた所「野良犬は狂犬病の心配があるので直ぐ捕獲するが、野良猫は捕獲しない」との答え。ならば、自分で捕獲し「去勢手術」をと思い、その費用を調べたところ4万円はかかるとのこと。野良猫に4万円!とんでもない。
 そこで、最後の手段。我家の庭を悠然と闊歩する野良猫を見かけたら、すぐさま脅して庭に近付けないようにしている家主です。
 NTTでは、脅しを含めた退職を迫っています。追出しに脅しは有効なのでしょうか?

たんぽぽ目次へ戻る

通信労組目次へ戻る