2001年6月13日 592号  夏期手当の「プラス0.2は なんだ 笹原 武



6/8の12時にNTTから「夏季手当て」の回答が出された。2.0プラス0.2ヶ月ということで額だけで見ると昨年と同じになるが問題は「プラス0.2」の部分である
会社の言い分は、夏季手当てそのものは「2ヶ月」であり、プラス0.2ヶ月は「おまけだよ」ということらしい。しかしこのおまけが大問題で、@マイラインをさらにがんばれ。
 A構造改革の早期完遂へのチャレンジ。を期待して。
これはとんでもないことだ。NTTグループの新「3カ年計画」はまだ社員説明もしていない段階なのに、恩着せがましく早くも尻たたきを始めていることです。
昔のことわざに「武士はくわねど高楊枝」というのがありますが、6/25支払いのタイムリミットである6/8の12時に、散々回答を引き延ばしておきながらこんなとんでもない「おまけ」をつけるNTTに本当に腹がたちます。
「文句があるなる支払いは遅れてもいいんですか」と言わんばかりのこの傲慢さ、何が「人間企業」だ。人間性を無視して会社が成り立つのか。この怒りを職場のみんなとひとつにして新「3カ年計画」撤回に向けがんばっていきたいものだ。

たんぽぽ目次へ戻る

通信労組目次へ戻る