2001年2月12日 577号 地主 文明  「三光作戦」

「三光作戦」に参加した兵士の話を聞く機会があった。 「三光作戦」と言うのは、第二次世界大戦のとき中国で日本軍が行なった作戦で、共産勢力を破砕するため非戦闘員も含めて拠点集落を焼き払い皆殺ししたことに対して八路軍が名付けたそうです。 上官の命令は朕の命令と絶対服従せねばならないのが軍隊と言う話しには、去年行なわれた山形支店での自衛隊への体験入隊を思い起こした。 また、従軍慰安婦から「同じ天皇の下にいることで、日本のために工場で働くものと思って国を離れたが、日本軍の痰つぼのようになっている。兵隊と一緒に昼食を食べるのは初めてだ」と語られた話もあった。 「新しい歴史教科書をつくる会」なるものなどが従軍慰安婦は商行為だとか強制連行はなかったとか強弁して、教科書から従軍慰安婦や三光作戦を削除するように運動しているそうだ。 「日本は神の国」とか「教育勅語もいいところがある」とか言う人が首相になっている国ではあるが、事実を隠す事に対しては許せない。

たんぽぽ目次へ戻る

通信労組目次へ戻る