マウスガード
 顎口腔領域におけるスポーツ外傷は、軟組織の損傷、歯の破折、顎骨骨折、さらには脳震盪などにまで及ぶこともあります。これらの現症もさることながら、その損傷あるいは後遺症が与える肉体的、精神的な影響は、社会的生活を営む上で極めて重大です。このようなスポーツ外傷より顎口腔系をプロテクトする装置がマウスガードです。    
   マウスガードの有効性と製作上の注意点  −カスタムメイドタイプについて−    
                                    
東京歯科大学教授  石上恵一  
↑をクリックすると映像が見られます。
・1/100に圧縮しているため画質が落ちます。・見るにはWindowsMediaPlayerが必要です。
・ここから無料でダウンロードできます
 マウスガードの目的
1. 顎口腔領域における軟組織の損傷、歯の破折、顎骨骨折の予防
2. 顎関節の保護
3. 脳震盪の防止、軽減
4. 心理的効果
5. 運動身体能カの向上 
 マウスガードの種類
1. 市販されているもの(調整不能のもの)
2. 市販されていて、お湯で軟化し、口腔内の歯牙に圧接するタイプ
3. カスタムメイドタイプ
@単一シート
Aラミネート法
Bワックスアップ法 
 マウスガードの料金
カスタムメイドタイプ(¥6,500円(税別)容器付き)   
1. マウスガードの製作法と注意点
2. 咬合と運動能力の関連性について