ローコストで外断熱・高気密・高断熱の家を作ろう!

~イザットハウスでの建築日記 2005年~


newこのサイトに書かれている価格に関するお知らせ(2007/12/24)
 TOPIC:  「ローコスト住宅の住み心地(夏編)」の日記を始めました。
 TOPIC: 引渡しが完了しました。家作りの日記は完結です

 TOPIC: 我が家の気密測定結果&後日談はこちら

Updated: 2007/12/24

家を建てる?
 今から思えば1996年の秋。6年間に渡るドイツ駐在を終え、新規ビジネス立ち上げの為に東京に戻ってきた熱い夏。東京の、窓を閉め切ってもなんだか部屋の中が粉塵ぽかった築10年物の賃貸マンションでの一家5人暮らし。寝苦しい夜とエアコンかけっぱなしの日々がようやく終わり、快適だが秋はとっても短かった。次のヒーターなしには暮らせなかった冬。桜の美しさと共に花粉症デビューを果たし、部屋を閉め切ったままでもくしゃみが止まらなかった春。ドイツでの快適な住環境との大きなギャップに愕然とし、「いつかはミュンヘンのWohnungと同じ家に住んでやる」と誓ったのだった。

 それから長野県松本市に引越し、これまた年代物の一軒家に住む事5年。信州は快適だし、まあこのままでもいいかなと考えていた矢先、隣の一家が急に引越。紆余曲折あって更地が転がり込んできたのだ。 ラッキー(^o^)/

 そうなると忘れていた「快適な家」への憧憬がムクムク。でも新規事業に投資している分の回収はまだ先の話しだし。。。  という訳で、1000万円台のローコストで快適な家が作ってくれるハウスメーカーがあれば建てよう!って決意したのだった。

ミュンヘンの部屋はこんな感じ。意外に窓も大きく、部屋は明るかった。      
 
どんな家を建てる?
 家を建てるにあたって家族から出てきた希望は山のよう。
 特に子供の希望は果てしなく、「ピアノの音が漏れないレッスン室」から始まり、壁が回転して隠れる事ができる「隠し扉」や信州の星が観測できる「開閉式ドーム屋根」などなど・・・こりゃ億って金を用意しなくちゃ。

     いいですか、あなたが計画しているのはローコスト住宅ですから! 残念!

 リッチになったら松本城を買い上げて、月見の間から天体観測しようぜ!
(と言いながら家内の希望だけはきっちりメモをとる。営業マンの辛い習性がこんなところにも。)
 ローコストで快適な住宅ってできるのだろうか???

松本城。優雅です。
 それから週末になるときまって、住宅展示場めぐりの旅。
はたまた現場見学会があると聞けば必ず顔を出していると、いつの間にか部屋のあちこちに「ミッ○ィーちゃん」だとか「○ッキー」とかのキャラクターグッズがいっぱいに。(子供はとってもうれしいらしく、「今日はどのおうちを見に行くの?」が週末の「おはよう」の挨拶代わりに。)
カタログも一杯で、ついでに営業マンの訪問も一杯。さすがに日曜早朝のアポなし訪問にはちょっとキレ気味に。○○ホーム信越さん、あの瞬間に貴社にお願いする事はなくなりましたから!
(それから我が家では「アポなし訪問は、一切門前払い」との掟ができたのでした。)

「○○ホームさん。子供は今でも好感度No.1ですよ!」
 さてどんな家にするのかで、一番参考にしたのはやはり住み慣れたドイツの家。夏は涼しく冬は暖かい。色々調べたところ、やはり行き着いた先は「外断熱」の高気密・高断熱。

具体的には:
外断熱工法で
C値1.0以下の優れた気密性能を有する工法で、気密測定がある事。
次世代省エネ基準に適合している事
全て低VOC(F☆☆☆☆)材を使用。引渡し時にホルムアルデヒド濃度の測定がある事。
24時間換気システムの換気量検査がある事。
U値1.5W以下の樹脂サッシ+LOW-Eガラス
大掛かりな免震構造は求めないけど、十分なベタ基礎
あと、35坪程度で1600万円以下(これが最大のネックか。。。)

外断熱で高気密の家が欲しい!...ローコストでね。
どこにお願いしよう?
 こんなワガママなお願いを聞いてくれるビルダーはあるのだろうか?
不安を胸にネットや図書館で情報収集。その中で感じたのは、「ソーラーサーキットの家」の理論はすごい。理論的には非の打ち所がない気がするが、実際はどうなのだろうか。でもその理論ゆえに素人にはちょっとわかりにくく、実家の父などは、「ソーラーサーキット?太陽光発電の家か?」ってレベル。 また「FP工法」にも納得。FP工法の遮熱パネルはたしかに効きそう。 外断熱ではないけど、スウェーデンハウスの3重サッシにも惹かれるところがある。あと地元のビルダーさんも結構独自にがんばっている事もわかった。長野県の棟梁が開発したらしいWB工法にも納得、納得。これらのビルダーの営業の方の資質もおしなべて高かった。夜討ち朝駆けの訪問はしないし。(まだ言ってる。)


 確かにソーラーサーキットもFP工法の家もWB工法も良い。
良い事はわかったし、こちらも技術的要求も確かにクリアする・・・でもね。

予算があわないんですよ!やっぱ。

み~んな指が2本立っちゃう。
営業の方は「大丈夫、大乗仏」などと言って、30年ローンの計算を始めようとするけど、
あと30年って言えば、絶対年金生活だし!そんなに年金もらえないだろうし!

所詮1600万円以下は無理なのかなぁ・・・・・・

予算が。。。
最後の頼みで・・・
 もう外断熱はあきらめよう。予算が無いパパを許せ!
と思っていた矢先、まだ見ていないビルダーがあったことを思い出したのだ。

それがイザットハウスでした。

 最初にネットで検索した時も、確かに上位だったのだが、
「イザットハウスの仕様は標準で外壁レンガ貼り。」
気にはなったのだが、見るからに高そうなので敬遠していて、そのまま忘れていたのだった。
(レンガはいいけどね、やはり。)

 再度ネットで近くに拠点があるかどうかを確認すると、

イザットハウス松本南店

があるではないか。「ここまで調べたのだから、聞くだけ聞いてみようか。」

イザットハウスの標準はこんな感じ。(ウチにはちょっと無理だけどね。。。)               
イザットハウスにしよう!
 応対してくれたのは、イザットハウス松本南店の店長 堀江さん。聞けば松本南店とは言うものの、歴史のある地場の工務店「堀江工務店」の若社長。 モデルルームを一通り案内してもらった後、じっくりとイザットハウスの特長についての説明を受ける。(う~ん、いいんじゃないの!?)


一通り説明を聞いて、こちらからおそるおそる間取りと予算を提示。


「あぁ、何とかなるかもしれませんよ。さすがにレンガ貼りは難しいですが。。。」

あまりにあっさりと言うので、ちょっと拍子抜け。
「できんの。。。ならば最初に来ればよかった。」

ローコストな外断熱住宅の実現に一歩近づいた

 それまでのイメージとして、FC系のビルダーは割と細部に至るまで基本仕様にこだわっていると感じていたのですが、イザットハウスは割とフレキシブル。基本工法だけは守るけど、あとは予算に応じてどうにでもなるって感じ。

 それから物件視察や、実際に住んでいる方の住み心地をきいたりしているうちに、年もあけて2005年の3月。なんとパパが欧州出張中にママが契約書にハンコを押していたのだった。
それだけは押させてほしかったのに、イヂワル!

堀江店長ってこんな感じ...
かどうかはイザットハウス
のサイトで確認して下さい。
(どこかに写真があった筈)

 

・家作りの日記へのリンク:(最初から順を追って読みたい方はこちらからどうぞ。)
・「住み心地(夏編)」へのリンク:
 (内容)
 ・ドレーキップ窓の使い勝手
 ・イザットハウスの遮音性

 

5月21・22日の「構造見学会」が終了しました。

 2日間の構造見学会が終了。
21日は松本も25度を越す炎天下。で、翌日の22日は小雨が降る肌寒い一日だった。
家の周りにはいつの間にか現場見学会のたて看板があちこちに。たて看板の矢印で、一番多かったのは右折かな?(何故だろう。)
 イザットハウス本部からも応援があり、早朝から大掛かりな気密測定器をゴソゴソと施工。時折、ブーンとファンのまわる音も聞こえてきた。一体どのくらいの数値が出たのか興味津々。

 個人的には他のイベントなどが重なったり、見学者の周りでウチのチビ軍団がちょっかいを出しても迷惑かと思って外出したりして、見学会はちょっとしか見られなかったのだが、結構盛況のようだった。
堀江店長も「個人として考えていた訪問者数はあった」との事。
良かった良かった。。。

 店長の話では、訪問者はやはり(高断熱・高気密の)意識の高い方が多かったとの事。あとネットで情報を得て来てくれた方もいらっしゃったらしい。この雑文を読んでくれた方もいたのだろうか?


玄関ドアに取り付けられた
測定器
(でかい!)

こんなファンで室内の
空気をガンガン抜きました。

室内側からの写真
右はイザット本部からの応援
の技術検査官。イケメンです。

ファンを回すとメーターがグィ~ンとジャンプ。屋内外の気圧差が大きくなった為。

で、気になる気密測定の結果ですが。。。



  0.17でした。
 う~ん、期待以上の結果なのでは?
これはイザットハウスのシステムだけでなく、堀江工務店の施工技術が良い証だね。さんちゃん(←棟梁さん)ありがとう。この調子でお願いします。
 イザットハウスHPでは、毎月の気密測定のデータを公開中。5月の気密測定結果発表が楽しみかも。

堀江店長&イザットハウスのご担当者様、2日間お疲れ様でした!

気密測定結果の後日談(2005/6/17):

 イザットハウスさんのHPがリニューアルしたらしい。リンクが切れてしまったので修正。(プロバイダーを替えたな?)
PHPも使い始めた。(運営を委託したな?)
 さて、注目の5月の結果が発表された・・・が、残念ながら3位までに入らなかった。
 なんと1位はイザットハウス春日部店さんの0.01だと。(0.01って一体どんな家?)第2位が大阪店さんの0.13で、第3位が足利店の0.15。
 この3店舗は高気密ランキングの常連さんだね。やはりシステムだけではなく、施工のノウハウもあるのだと実感。

 がんばれ!松本南店! がんばれ!堀江工務店! もう1回、気密測定やろうぜ!
(でも外壁、早く取り付けてね。梅雨、来てるし。)

2005-2007(c)poyoyon all rights reserved