<湯河原温泉 (神奈川県)>

「湯河原温泉」、「城願寺」 「白雲の滝」、「天照山神社」、「海上花火大会」

箱根連山の東南斜面に位置し、万葉の歌人も歌に詠んだ古い歴史を持つ温泉。

千歳川沿いとその上流の藤木川をはさんで、約4kmのあいだに温泉街が広がり、箱根道山の麓から相模湾にかけて 海、山、川の

自然が一度に満喫できます。

古来より湯河原の湯は薬師の湯と呼ばれ、打撲、外傷、リューマチ、神経痛、皮膚病婦人病などの病に悩む人々の保養湯治場

として栄えてきました。

また、明治以降は国木田独歩、島崎藤村、夏目漱石、芥川龍之介などの文豪たちもしばしば訪れ、創作の疲れを癒した所としても

知られています。

(泉質)単純泉

(住所)足柄下郡湯河原町宮上

(交通)バス 東海道本線湯河原駅から奥湯河原行 温泉場下車(約10分)

   車  湯河原駅から湯河原パークウェイ方面へ約3分

(観光)城願寺、不動滝、大観山、こごめの湯、万葉公園

   白雲の滝、天照山神社、土肥の大杉、しとどの窟

(案内)湯河原温泉観光協会 Tel 0465-64-1234

(ご宿泊のご案内)

 

 

 

   

Back