<飯坂温泉 (福島県)>

「飯坂温泉」、「飯坂八幡神社けんか祭り(10月4日〜6日)」、「松尾芭蕉碑」「鯖湖湯」、「医王寺」、「摺上渓谷」、「行人滝」

蔵王・磐梯高原の大観光地をひかえる県下一の歓楽温泉郷、東北を代表する温泉。飯坂は、日本武尊(ヤマトタケル)が発見しその湯に

浸かったとも伝えられる歴史ある温泉です。秋保・鳴子とともに奥州三名泉と称され、江戸時代には松尾芭蕉が立ち寄り、紀行文「奥

の細道」"飯塚"としてその名が記されています。

飯坂温泉には9ヶ所の共同浴場があり、その中の一つ鯖湖湯は日本最古の木造建築共同浴場で、松尾芭蕉が飯坂に立ち寄った際この湯

に浸かったと言われています。

今なお湯煙の断えない飯坂温泉は、四季の表情を鮮やかに映す、吾妻連峰に見守られた景勝の温泉地です。

(泉質)単純温泉

(住所)福島市飯坂町

(交通)電車 東北本線福島駅から福島交通飯坂温泉行 終点下車(約20分)

   車  東北自動車道福島飯坂ICから国道13号線経由で約4分

(観光)摺上峡、鯖湖湯、大鳥城跡、医王寺、吾妻山、磐梯高原、蔵王

(案内)飯坂温泉観光協会 Tel 024-542-4241

(ご宿泊のご案内)

 

 

 

 

 

Back