<越後湯沢温泉 (新潟県)>

「下湯沢共同浴場・駒子の湯」、「湯沢温泉ロープウェー(世界最大166人乗り)」

「苗場スキー場」、「湯沢温泉雪まつり(3月2日・3日)」

上越国境谷川岳の北西麓に位置し、上越新幹線・大清水トンネルを抜けた所にある温泉。約800年の古い歴史を持つ温泉で、

江戸時代には、参勤交代の殿様も旅の疲れをこの温泉で癒したと言われています。

また川端康成の「雪国」の舞台になった所としても有名です。

湯沢には江神温泉浴場、湯元共同浴場"山の湯"、湯沢温泉ロープウェーステーション内"コマクサの湯"、下湯沢共同"駒子の湯"

などの共同浴場があります。スキーウェアの若者と地元の人達が世間話で話しがはずむ、そんな湯仲間たちが集う町の社交場です。

あったかくて素朴で、なによりも気軽さがうれしい、湯の街情緒をしっかり満喫できる越後湯沢温泉です。

(泉質)弱アルカリ食塩泉

(住所)南魚沼郡湯沢町湯沢

(交通)電車 上越新幹線越後湯沢駅下車

   車  関越自動車道湯沢ICから約2分

(観光)清津峡、苗場山、谷川岳

(案内)湯沢町観光協会 Tel 0257-85-5505

(ご宿泊のご案内)

 

 

Back