<あつみ温泉 (山形県)>

「あつみ温泉」、「温海川と桜」、「バラ園」

「あつみの朝市」、「巌島神社」、「関所跡」

温海岳麓にあり、温海川沿いに宿が軒を連ねた落ち着きのある温泉。

あつみ温泉は1000年の昔、弘法大師が夢に童子の示現をうけて

発見したと伝えられ、また傷ついた鶴が草むらから湧き出る湯に足

を浸しているのを、樵(きこり)が見つけたとも伝えられています。

温泉街を流れる温海川河畔は桜の名所として知られ、春ともなれば

250本もの桜が咲きそろい街並みを彩ります。また、あつみの冬

も格別、真綿の様な雪がしんしんと降り積もる景色を眺めながらの

雪見酒は、最高の温泉情緒を味わえます。

(泉質)含食塩石膏硫化水素泉

(住所)西田川郡温海町

(交通)バス 羽越本線あつみ温泉駅から温海温泉行 終点下車(約5分)

   車  鶴岡から国道7号線を南へ約30分

(観光)念珠関跡、塩俵岩、温海岳、バラ園、関所跡、巌島神社

(案内)温海町役場観光商工課 Tel 0235-43-2111

(ご宿泊のご案内)

Back