<大湯温泉 (秋田県)>

「大湯温泉」、「十和田湖乙女の像」、「大湯環状列石(ストーンサークル)」

「康楽館」、「毛馬内盆踊り」

十和田湖観光南玄関口、米代川の支流大湯川に沿う静かな温泉。

米代川の支流、大湯川に臨む温泉郷で、渓流に沿って川原ノ湯、

上ノ湯、下ノ湯、荒瀬ノ湯にわかれ各湯とも野趣あふれる温泉

です。開湯は800年前と古く、江戸時代には南部藩の保養温

泉地に指定されていたという歴史のある温泉です。周辺観光も

充実しており、十和田湖に一番近い温泉地(車で30分)として

も知られています。また大湯には、縄文時代に作られたと伝え

られる大湯環状列石(ストーンサークル)があります。まだ何

故このような巨大列石が作られたのかは、謎に包まれたままで

す。"大湯環状列石"それは、縄文時代の人々の贈り物、歴史の

神秘と凄さを感じさせてくれます。

(泉質)純食塩泉

(住所)鹿角市十和田大湯

(交通)バス 花輪線十和田南駅から大湯温泉行 終点下車(約20分)

   車  十和田ICから国道103号線経由で約7分

(観光)十和田湖、マインランド尾去沢、大湯環状列石、康楽館

(案内)鹿角市役所観光商工課 Tel 0186-23-5111

(ご宿泊のご案内)

大湯温泉観光協会 お問い合わせ 0186-37-2960

 

Back